京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

梅花祭


 
 
北野天満宮-梅花祭
2月25日は祭神菅原道真公の命日にあたり、梅の花をこよなく愛でた道真を偲び、梅花を添えた神饌を供える春の行事です。
かつて北野天満宮の境内で行われた秀吉の北野大茶湯にちなみ、境内の梅苑で野点の席が設けられます。境内の梅花の下、上七軒芸妓の華やかな野点茶会(有料。10~15時)が開かれます。
宝物殿も特別に公開され、またこの日は毎月の縁日「天神市」の日でもあります。

♪スキマ情報♪
約900年続く伝統的な祭典。神前には、「大飯(おおばん)」「小飯」、
梅の小枝を用いた「紙立(こうだて)」といったこの日限りの特別なお供えをします。
  • 場所:北野天満宮
  • 期間:毎年2月25日
  •  料金:野点拝服:1,500円(拝服券・宝物殿拝観券・撤饌引換券の三連券。
    1月25日より頒布・先着3,000枚限り)
  •  アクセス:市バス50「北野天満宮前」
  •  お問合せ:075-461-0005

随心院-小野梅苑・観梅会
小野小町邸跡といわれる随心院の広大な境内に小野梅苑があり、遅咲きの「唐様(はねず)の梅」として親しまれ、八重の愛らしい花姿が驚くほどあでやかです。見ごろは3月中旬とされています。
  • 場所:随心院(山科区小野御霊町)
  • 期間:3/1~/31
  •  料金:梅苑/500円(別途拝観料500円)
  •  アクセス:地下鉄東西線「小野」駅
  •  お問合せ:075-571-0025

しょうざん-春華の宴

見頃は3月上旬~3月中旬。約3000本の梅苑では「春華の宴」が催されます。

  • 場所: しょうざん(北区衣笠鏡石町)
  • 期間:「春華の宴」開催期間中
  • 拝観時間:10時半~
  • 料金:5400~10000円(庭園入園券・お茶券・食事付)
  •  アクセス:市バス北1「北木ノ畑町」
  •  お問合せ:075-491-5101

梅宮大社-甘酒祭

醸造期たけなわの酒造家より奉納の酒粕を甘酒に仕立て神前に供えて、 酒造業の安全繁栄と氏子崇敬者が無事冬を越えられるように祈願します。
行事として酒粕より造った甘酒を無料接待します。

♪スキマ情報♪ 
梅宮大社は子授けや安産の神様「産宮(うめみや)」として信仰を集めており、「産(うめ)」にちなんで境内に梅が植えられているそうです。  

  • 場所: 梅宮大社(右京区フケノ川町)
  • 期間:2月11日
  • 時間:9時30分~16時30分
  • アクセス:市バス3・28・29・71「梅ノ宮神社前」
  • お問合せ:075-861-2730

梅宮大社-梅・産(うめうめ)祭

梅宮大社のご利益は、祭神 木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ。木花=梅の雅称、又は梅・桜を指す)と
ニニギノ尊(ミコト)の結婚の後にすぐ子供を授かり、安産を祝って米から酒を醸した故事によります。
梅が見頃を迎える3月第1日曜日に子授けと安産、諸々の産業繁栄を祈願し、
行事として神酒及び神苑の梅より造った梅ジュースを無料接待します。
 

  • 場所: 梅宮大社(右京区フケノ川町)
  • 期間:3月第1日曜日
  • 拝観時間:9時30分~16時30分
  • アクセス:市バス3・28・29・71「梅ノ宮神社前」
  • お問合せ:075-861-2730

青谷梅林-梅まつり

城陽市は「市の木」が梅で京都府一の生産量を誇ります。
梅林一帯は約一万本の白梅が咲き誇り、青谷は大きな白布を広げたように白一色となり、どこまでも梅の香りにつつまれます。
2月から3月にかけては約20haの面積に1万本の梅が咲き誇り、青谷一面がほんのり漂う甘い香りに包まれます。
この時期「春は城陽から」をキャッチフレーズに梅まつりが開催され、城陽の梅を使った特産品(梅干・梅肉・梅ジュース・梅ジャム・梅酒・梅ご飯等)花の苗の販売があります。 各日曜日には餅つき大会も予定しております。

♪スキマ情報♪「城州白(じょうしゅうはく)」を知っていますか?
城州白は城陽市青谷梅林の特産品種で、大粒で柔らかく、香りが良いのが特徴で、梅酒用や和菓子に使われています。京都府一の梅の生産高を誇る青谷梅林では、この城州白が半分ほどを占めているそうです。
  • 場所: 青谷梅林 梅まつり会場(城陽市)
  • 期間:2017年2月25日(土)~3月20日(月・祝)※予定
  •  アクセス:JR山城青谷駅より徒歩約20分
  •  お問合せ:0774-52-1111

城南宮-枝垂梅と椿まつり    

神苑・楽水苑では、源氏物語に登場する100余種の草木があり、「春の山エリア」に植栽された150本余りの紅白のしだれ梅は、2月下旬から咲きそろい始め、追って300本もの様々な椿が開花します。神職による案内もあります。

  • 場所:城南宮
  • 期間: 2017年2/18(土)~3/22(水)
  •  アクセス:京都らくなんエクスプレス「城南宮前」または地下鉄「竹田」駅西口より 市バス南1・2・3「城南宮東口」
  •  お問合せ:075-623-0846

長岡天満宮-梅花祭

菅公はこよなく梅を愛でられ大宰府御左遷 に際し有名な、こちふかば にほいおこせよ梅の花 あるじなしとて 春なわすれそ
という歌をお残しになっています。長岡天満宮ではこの御縁によって梅花祭を執り行い梅花を添えた特別な神饌をお供えし、
神職も梅の枝を冠に挿して御奉仕し、御神霊をお慰み申し上げます。

  • 場所:長岡天満宮
  • 期間:3月中旬
  • 時間:11時
  • お茶席:10時~15時
  • お茶席券:2,000円(お抹茶席、おそば席)
  •  アクセス:JR長岡京駅より徒歩20分/阪急長岡天神駅徒歩10分
  •  お問合せ:075-951-1025

梅小路公園-梅まつり

公園南東の梅林「梅こみち」には寒紅梅や白加賀など14品種約150本が植えられています。
期間中は梅こみちにベンチが設けられ、提燈や紅白の幕で一層華やぎます。
初日には、200人分の梅茶が振る舞われ、おしるこも販売されます。梅の剪定(せんてい)教室(無料)も(※内容、時間等は過去の例です)。

  • 場所:梅小路公園
  • 期間:2017年2/25(土)~3/5(日)
  •  アクセス:JR・地下鉄・近鉄「京都」駅またはJR「丹波口」駅より徒歩約15分
  •  お問合せ:075-352-2500

一言コラム

naki 「京の七夕」の会場のひとつ、北野天満宮では「北野七夕祭」(16日まで)が行われていました。 「北野天神泣き相撲」では、立派なま...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。