鍋,湯どうふ,レシピ,京素材

京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

[鍋・湯どうふ特集] 「鍋奉行」のためのなべレシピ




鍋あれこれ 「鍋奉行」のためのなべレシピ 京風スキヤキ 沖すき 鴨なべ



鍋パーティーを開きませんか?
メンバーを十数名厚め、複数の鍋を行ったり来たりして、体にもオサイフにも優しい。
ここで、e京都ねっとスタッフが京素材で作ったレシピを公開します!

お買い物リスト

品物 お店

麩:乾燥麩  1パック    294円

麩嘉:075-231-1584

湯葉:乾燥湯葉セット  1260円

千丸屋:075-231-7057

もち:もちしゃぶ  1パック  450円

錦もちつき屋:075-223-1717

豆腐:豆腐2丁・焼豆腐3丁  1050円・787円
糸こんにゃく:2パック  483円

京とうふ藤野:075-255-3231

卵:20個  600円

田中鶏卵:075-221-2094

牛肉:1500グラム  12750円
三嶋亭:075-221-0003
 
 
※野菜は、有機栽培での野菜作りにハマっている京都・精華町の奈良井さんからの提供です。↓

玉葱:6個
 
白菜:1束
 
大根:1本

水菜:3束

青ネギ:7束

小松菜:3束

ラーメン麺:3玉
ひゃくてんまんてん

沖すきセット1
山じゅう:075-231-4029

沖すきセット2
セット1+2:20000円

黒七味:1本
原 了郭:075-561−2732

鴨なべスープ:2パック  840円
鳥長(高 島屋店):075-252-7680

鴨肉:500グラム  3156円
鳥長

「鍋奉行」の心得

鍋パーティーの進行を手際良く進めるために、まずは一読。
■厚手の広口の土鍋がベスト!
土鍋は保温性が良く、地肌に含まれる微細な気泡が熱伝導を緩やかにするので、食材の風味を損わず、だしも美味しく染み込みます。 ヒビ割れないよう、底は濡らさずよく拭いてから火にかけます
しゃぶしゃぶの場合は熱伝導の良い、銅鍋や鉄鍋がベスト。
■昆布だしは水から
水から入れて沸騰直前に取り出す。コレ基本。買い出しに出かける前に鍋に水と昆布を入れておくといいですね!
■肉、魚類は早めに
汁がグツグツしてきたら早めに入れて、おいしいだしを出す!貝、イカは余り煮込まない。
素材そのものを味わう場合は、煮込み過ぎないように。
■野菜の入れ方
根菜類・白菜の白い部分等、火が通りにくいものから。葉ものは最後。
一度に入れ過ぎると鍋全体の温度が下がり、アクが出やすくなってしまいます。
■具の配置
煮くずれしやすい具は鍋の周辺部に置きます。豆腐は揺れ始めたら食べ頃。
しらたきと肉の位置は離す。しらたきのカルシウム分が肉を固くしてしまうからです。
■アクは取りすぎない
アクも旨みのうち。余り神経質にならないように。

一言コラム

kakimoto 秋はチョコレート、冬に入るとココアが飲みたくなる季節です。 とある秋の日。京都の古い神社をお参りした後、「アッサ...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。