京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

春の特別拝観(洛中)

妙顯寺・「龍華の春」お抹茶席・寺宝限定公開/ライトアップ

 客殿に面した庭園「四海唱導の庭」や境内各所に桜並木があり、桜の隠れた名所として知られています。
お庭を眺めながら一息くつろげるお抹茶席が用意されています。
狩野派2代目・狩野元信による文殊・普賢菩薩像が、妙顯寺で450年ぶりに公開され(日中のみ)、また特別拝観中は「寺ヨガ」や宿坊のほか、数多くの展示会が行われます。
  • 期間:2018年3/24(土)~4/12(木)
  • アクセス:市バス9「堀川寺ノ内」
  • 料金:昼夜ともに800円
  • お問合せ:075-414-0808
    妙顯寺公式ホームページ
 

西国三十三所草創 1300年記念事業 六角堂 特別拝観

 
「西国三十三所」は2018年に草創1300年を迎えることを記念して、第十八番札所である六角堂では、通常は非公開の本堂内陣と、初公開2体を含む仏像の特別拝観を行います。
  • 期間・時間:2018年4/7(土)~/16(月)
    ※時間変更の日あり。
  • 時間:10~16時 
    ※4/13(金)・/15(日):10~18時、
    4/14(土)10時~11時半、14~16時
  • 料金:800円
  • アクセス:地下鉄「烏丸御池」駅
  • お問合せ:075-221-2686
    六角堂公式ホームページ

二条城・本丸御殿特別公開

本丸御殿は、旧桂宮御殿を移築したもので、完全な形で現存する唯一の宮御殿。国の重要文化財に指定されています。
  • ※2007年から補修工事のため拝観休止(二の丸御殿は常時公開)
  • 拝観料:入城料一般:600円、中・高校生:350円、小学生:200円
  • アクセス:市バス9「二条城前」
  • お問合せ:075-841-0096
    京都の世界遺産特集

宝鏡寺・門跡尼寺の春の人形展

室町時代の創建で歴代皇女が住持となった門跡尼寺の春の恒例特別展です。等身大の人形が飾られ、孝明天皇寵愛の人形をはじめとする、あどけない顔立ちの中に気品が感じられる御所人形や内裏雛等が本堂に並べられます。その他、日野富子御木像や、門跡尼寺にふさわしい雅やかな襖絵、庭園など見処たっぷり。
  • 期間:3/1~4/3(※毎年同じ日程です)
  • 拝観料:600円
  • アクセス:市バス9「堀川寺ノ内」または
  • 地下鉄「今出川」駅・「鞍馬口」駅より徒歩約15分
  • お問合せ:075-451-1550
    宝鏡寺公式ホームページ

本法寺 春季特別寺宝展

本阿弥家の菩提寺で、光悦作とされる庭園「三巴の庭」は、国の名勝。長谷川等伯作の重文・涅槃図も公開されています。
涅槃会館にて宝物展示があり、境内諸堂のうち、本堂、開山堂、多宝塔、庫裡、書院、大玄関、唐門、鐘楼、経蔵、宝蔵、石橋、棟札、13枚全て、京都府有形文化財に指定されています。
  • 期間:3/14~4/15
    (※毎年同じ日程です。休館日については要問い合わせ)
  • 拝観料:大人:1,000円 
  • アクセス:市バス9「堀川寺ノ内」または
    地下鉄「鞍馬口」駅より徒歩約12分
  • お問合せ:075-441-7997
    本法寺公式ホームページ    涅槃会特集
 

東寺・宝物館春期特別展と夜桜ライトアップ

市がたつ寺は色々ある中で、北野天満宮の天神さんと東寺の弘法さんは超有名ですね。 21日の弘法さんとセットで拝観するのも楽しいです。特別展では日頃公開しない寺宝・国宝・重文8000点余のなかから 抜粋して公開。密教美術の宝庫とも言える珍しいものにお目にかかれるチャンスです。
また、国宝「五重塔」は木像の建造物として日本一の高さで、その初層内部と金堂・講堂、観智院の特別拝観(※各期間が異なります)も行われます。 →スタッフレポート

  • 期間:3/20~5/25(※毎年同じ日程です)
    夜桜ライトアップ:2018年3/17(土)~4/15(日) 
    18~21時(受付終了)
  • 拝観料:500円(宝物館) 800円 (五重塔・金堂・講堂含む)
  • アクセス:市バス 207「東寺東門前」、近鉄京都線「東寺」駅
  • お問合せ:075-691-3325

相国寺/承天閣美術館・春の特別拝観

特別拝観では、法堂、方丈、開山堂を見学できます。
承天閣美術館では、相国寺、鹿苑寺(金閣、慈照寺(銀閣)に伝わる寺宝の中から、精選された名品を公開しています。
  • 期間:相国寺:2018年3/24(土)~6/4(月)(予定)、
    承天閣美術館:2017年12/16(土)~2018年3/25(日)
  • 拝観料:各800円
  • アクセス:地下鉄烏丸線「今出川」駅
  • お問合せ:075-231-0301
    相国寺公式ホームページ

二条城・ライトアップ


徳川家康が将軍の宿泊所として築いた二条城。現在でも壮大な城郭と庭園を残しています。城内一円に山桜、桜の園に里桜、清流園東側には八重紅枝垂桜など約 220本の多彩な桜があり、庭園が照らされます。お茶席や京都の名産品の販売もあります。
  • 期間:2018年3/23(金)~4/15(日)
  • 時間:18~21時半(受付:~21時)
  • 入城料:600円(和装の方は無料)
  • アクセス:市バス9「二条城前」
  • お問合せ:075-841-0096

木屋町四条〜松原・桜と光の帯の高瀬川


街中の“清流・高瀬川”沿いの桜200本が柳の緑と共に、50基の照明に照り映えます。その長さ1kmもの情緒いっぱいの高瀬川をそぞろ歩き。
  • 期間:3月下旬〜4月上旬(予定)
  • アクセス:京阪電車「四条」駅、阪急電車「河原町」駅、市バス17・205「四条 河原町」
  • お問合せ:木屋町会

廣誠院・昼の特別公開と夜間ライトアップ


明治の建設業の発展を担った旧薩摩藩士・伊集院兼常が、幕末の長州藩邸の跡地に自らの邸宅として明治25年(1892年)に建てたもので、彼は官僚・実業家として活躍し、鹿鳴館の建築などを担当しました。
日本が西洋化する明治期の中、当時の技術・知識を結集して建築した純和風の数寄屋造りの邸宅(京都市指定文化財)と水流が融和する近代の黎明期に造られた庭園(京都市指定名勝)は、普段は非公木屋町の雑踏の中でひっそりと守られてきました。
今回は特別別公開と共に、夜は東映(株)京都撮影所の協力によってライトアップされます。
  • 期間2013年3/30(土)~4/14(日) ※昼夜とも同じ日程です。
    昼: 10~17時、夜: 18時半~21時 (受付閉門30分前まで。昼夜入れ替え制)
  • アクセス:地下鉄東西線「京都市役所前」駅
  • お問合せ:075-345-8195(京都文化協会)
    廣誠院公式ホームページ  スタッフレポート

杉本家住宅・春の特別一般公開

杉本家住宅は奈良屋記念杉本家保存会が管理する京町家で、春、夏、秋の一般公開期間中は、予約無しで見学できます。

  • 期間:2018年3/1(木)~/31(土)(※3/4を除く、日・月・火は休館)
  • 料金:大人1500円、高校生以下800円(維持保存協力金として)
  • アクセス:地下鉄烏丸線「四条」駅
  • お問合せ:075-344-5724

京都御所 春の一般公開

これまで京都御所は毎年春と秋の一般公開以外は見学に事前申し込みが必要でしたが、2016年より予約手続き不要で通年公開されることになりました。
  • 期 間:2016年7月より、申込み手続きが不要となりました!(※休止日あり)
  • 時間:9〜15時20分(入場締め切り)
  • 拝観料:無料
  • アクセス:地下鉄烏丸線「今出川」駅
  • お問合せ:075-211-1211(宮内庁京都事務所

有栖川宮旧邸 有栖館 春の特別公開

京都御所建礼門の前に建てられていた有栖川宮旧邸は、その後京都地方裁判所の仮庁舎として使用された後、京都地方裁判所の所長宿舎として現在地に移築され、2008年にこの施設を取得した平安女学院が茶道、華道、香道、着付けの実習や市民講座など京都文化と日本の伝統文化の研究・教育・情報発信を行っています。
  • 期 間:2018年4/4(水)~/8(日)
  • 時間:10時半~16時
  • 拝観料:500円
  • アクセス:地下鉄烏丸線「丸太町」
  • お問合せ:075-414-8155
 

新島旧邸・春季一般公開

同志社大学の創立者・新島襄の私邸は同志社英学校が開校した際に仮校舎として借家した高松保実邸の跡であり、 木造二階建ての外観はコロニアルスタイルの洋風、造りの基本は和風寄棟住宅という和洋折衷なスタイルです。京都市指定有形文化財に指定されています。 →内部の様子
  • 期間: 通常公開(旧邸周囲から建物内部を見学。※建物内には上がれません):2018年3月1日~7月31日、9月1日~11月29日、2019年3月2日~30日毎週 火・木・土曜日(祝日と2018年4月29日~5月7日は除く) 
    特別公開(旧邸周囲及び建物内部(母屋1階と附属屋)に入場可):3/20~/22、4月1日~5日、2018年7月29日、8月5日、10月1日~5日(予定)、11月11日、11月29日
  • 時間:10~15時半 (受付終了)
  • 拝観料:無料
  • アクセス:地下鉄烏丸線「丸太町」駅
  • お問合せ:075-251-2716(同志社大学公式ホームページ

京都府庁旧本館・春の一般公開「観桜(かんおう)祭」

明治37(1904)年に竣工したルネサンス様式の洋館は、国の重要文化財に指定されています。昭和46年まで使用されていた旧知事室や旧貴賓応接室、正庁等が公開され、期間中は観桜祭も行われます。 →スタッフレポート
<イベント内容(※下記はごく一部です。詳細は京都府H.Pでご確認下さい)>
事業名 内         容
 

福島県復興・観光展

観桜会

祇園枝垂れ桜や容保桜など5種6本の桜が
明治期の建物を背に咲き誇る旧本館中庭の公開

野外彫刻展

京都彫刻家協会会員による彫刻作品の屋外展示

府民協働による
コンサート

府民参加によるオペラ、和楽器やクラシック、フォークの演奏等

その他

(特非)京都観光文化を考える会・都草による旧本館ガイドツアー
旧議場を一般公開

  • 期 間:2018年3/24(土)~4/8(日)※イベントにより異なります
  • 時間:10~17時
  • 拝観料:無料
  • アクセス:地下鉄烏丸線「丸太町」駅
  • お問合せ:075-414-4044

主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

一言コラム

utage 辰巳神社を背に微笑み、店出しの日には正装でご挨拶まわり…。 プロアマ問わず、芸舞妓たちを写した写真展は、どこも似通っている...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。