京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

【第17回 結婚式にそなえて】

園山明子さんの

第17回 結婚式にそなえて

結婚式にお呼ばれする機会もずいぶん多いことでしょう。以前金品贈答の作法について
お話しましたが、今回も基本的な 事を振り返ってみましょう。

結婚式、同窓会等の案内状をいただくのは嬉しいもの。しかし、案内状を差し出す家族、
あるいはお世話役の方は大変です。出欠を問う往復葉書では、できる限り早く返信したいものです。
幹事をする際、返信葉書に「幹事役ご苦労様です」、「この度は大変お世話になります」等、
書き添えられていると、その人の温かい人柄に、心安らぎます。
 

出席の下に「心嬉しく(楽しみに)出席させていただきます」等と書き添えておくと
よいでしょう。欠席する場合でも、欠席の下に「いたします」と書き添え、理由も書いて
おくと、人柄がしのばれます。また、出席の返事を出したあとに、何かの都合でどうしても
出席できなくなった場合は、必ず連絡して了解を 得ることが大切です。
 

■返信用葉書の書き方




花の受け渡し

物が満ち足りている現代。贈り物をするとき、何にしようかと迷うことがよくあります。
そのようなとき花を贈るという方が最近は増えています。私は、品物を贈る場合でも、
花を一輪添えて差し上げる
ことを心掛けています。一輪の花で、ほんのわずかでも心が潤う気 がするものですから。
 

花は渡し方によって、一層美しく見えることをご存知でしょうか。梅や桃など、木に咲く花を
渡すときは、花を上にして渡した方が見事に見え、桔梗や紫陽 花のように立てると頭を下げて
しまうような草花は、花の部分を下に向けて渡した方がきれいに見えます。茎がしっかりとした
ものであれば、横にして渡した 方が、より美しく見えるでしょう。相手が花束を左腕で支え、
根元を右手で持てるようにするためです。
 

■花の渡し方



花を選ぶときにも、ちょっとした気遣いがほしいもの。お見舞い用には、いくつかタブーとされて
いることがあります。床に長く就くことを嫌う意味から、鉢植えのものは嫌がられ、また百合などの
ように香りのきついものは、刺激が強すぎますので避けましょう。
パーティー等に持っていくのには、
蘭とかカトレアのように華やかな花が最適でしょう。きっとその場をゴージャスに演出してくれ るはずです。
場面に応じた花を、その場に適した方法で渡すこと。それは相手に対する思いやりにほかなりません。
 

人々の生活が潤い、使い捨ての時代という言葉が使われはじめたころから、卸売り市場で
取り引きされる花の量が、どんどん伸びてきたと言います。 人々がハングリーだった時代から、
満ち足りた時代への変換期に需要の増えてきた花。それを聞いて平和な世の中の到来を実感し、
幸せな思いを持ったのも束 の間、最近は満ち足りているが故の心の病が、様々な事件を
巻き起こしているように思えます。花どころではないという世 の中にならないよう、
花一輪の効用を日常生活に取り入れたい
ものです。
 

花の宅配も、時として元気の無い花を贈られてしまうことも。
良い花屋さんを選んで。心の中にも花を一輪持ちましょう。
良い「美人のオーラ」を得るために。

『心の礼法 〜こころのおしゃれ 凛〜』より
まとめ:e京都ねっと 小山


一言コラム

kiev 京都市とウクライナの首都・キエフ市が姉妹都市として結ばれた1972年から、南座のすぐ近くのビルで営業している「レストラン キエフ...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。