京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 
TOP > 観光 > 2021年10月の行事一覧 > 2021年10月11日(月)の行事一覧

2021年10月11日(月)の行事一覧

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

赦免地踊り

赦免地踊り

青年が花小袖・紅手甲・たすきがけの「灯籠着(とろぎ)」と呼ばれる女装をして、
頭に赤紙で作った透かし彫りの切子灯篭を乗せ、
音頭取りの太鼓に合わせて静かに踊る。
仮屋の舞台では、友禅小袖に花笠の少女達も踊りを奉納。
この八瀬の地は、1336年後醍醐天皇が御幸した際、
村人達が無事警護を務めたことを讃え、永代地租免除の特権を与えられた。
しかし1707年、延暦寺との土地争いで、
特権を失いかけたが老中秋元但馬守の裁定で特権がめでたく守られた。
但馬守の没後、その報恩に感謝し、赦免地踊りを奉納するようになったそう。
洛北の奇祭で、無形文化財に指定されています。

■場 所: 秋元神社
■期 間: ※新型コロナウイルス対応のため2020年度は中止。詳細は公式サイトをご確認ください。
2020年10/11(日)
■時 間: 20時頃~
■アクセス: 京都バス17・18「ふるさと前」
■お問合せ: 075-724-0255(八瀬郷土文化保存会事務局)
■詳細ページ: スタッフレポート  八瀬周辺情報
八瀬赦免地踊公式ホームページ

季節の光景...源光庵・ススキ<薄>

季節の光景...源光庵・ススキ<薄>

春は常照寺の桜と光悦寺の菜の花、秋は源光庵のすすきが美しい洛北・鷹ヶ峰です。
すっかり涼しくなった秋風がさらさらとすすきの穂を巻き上げていきます。
芸術家、本阿弥光悦が創作活動の拠点を置いたという鷹ヶ峰。源光庵には「悟りの窓」、「迷いの窓」があり、それぞれからお庭を眺めることができます。
物思いにふける事もままならない程の灼熱の夏もいつしか過ぎ去り、 ゆっくりとわが道を振り返られる季節になりました。
これらの窓からあなたは何を見ますか?

※源光庵は庫裏等の修復工事のため、拝観及び座禅会を休止
(2019年6月1日~2022年春頃までの予定)。

■場 所: 源光庵、常照寺、光悦寺
■アクセス: 地下鉄「北大路」駅より市バス北1「鷹峯源光庵前」
■お問合せ: 常照寺:075-492-6775 光悦寺:075-491-1399 源光庵:075-492-1858
■詳細ページ: 源光庵公式ホームページ

一言コラム

hahako 観光客が京都の紅葉の名所を巡っている間、地元の京都人はどこで紅葉狩りをしているでしょうか。 例えば京都御苑の中、京都迎...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。