京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 
TOP > 観光 > 2019年10月の行事一覧 > 2019年10月20日(日)の行事一覧

2019年10月20日(日)の行事一覧

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

建仁寺禅居庵・大祭

建仁寺禅居庵・大祭

この日は秘仏を開帳し、護摩供養も行われます。

■場 所: 建仁寺禅居庵
■期 間: 10/20(※毎年同じ日程です)
■時 間: 11時~
■アクセス: 市バス206「東山安井」
または京阪「祇園四条」駅より徒歩約7分
■お問合せ: 075-561-5556
■詳細ページ: 禅居庵公式ホームページ   建仁寺周辺情報

清水焼の郷まつり

清水焼の郷まつり

今では、全国的に京の夏の風物詩として知られ、毎年10万人もの人出で大賑わいます。
なんと言ってもこの「市」の魅力は、参加業者は60近く、
数十万点の京・清水焼(器、陶芸品、花器、茶道具等)が、
平常価格の3~5割引きで手に入り、宅配便で送る事もできるところ。
あなたもにわか目利き人になって掘り出し物を、値切ってみましょう。

■場 所: 清水焼団地(京都市山科区川田清水焼団地町10-2)
■期 間: 2019年10/18(金)~/20(日)
■時 間: 9時半~18時
■アクセス: JR「山科」駅より 京阪バス29・29A「清水焼団地」
当日はJR京都駅から臨時バスが運行します。
■お問合せ: 075-581-6188(清水焼団地共同組合)
■詳細ページ: 清水焼団地公式ホームページ

二十五菩薩お練供養

二十五菩薩お練供養

金色の菩薩面・菩薩装束をつけた稚児25名を含め総勢200名近くの人々が橋を
極楽浄土と現世にみたてゆっくり練り歩く姿は、独特の華やかな風景で観光客に人気があります。
菩薩が現世に来迎して衆生を安楽浄土へ導くという平安末期からの来迎思想を仮装と音楽で分かりやすく表現したもの。
場所は源信ゆかりの寺院。
「本堂は浄土、地蔵堂は現世」と見立てて、50mの橋を渡り、浄土と現世を往復します。
約1時間、僧侶の来迎和讃にあわせておごそかに練ります。
つかの間の浄土世界、ご覧になってみては?

■場 所: 泉涌寺即成院
■期 間: 2019年10/20(日)
■時 間: 13時~
■料 金: 本堂:1000円 ※境内は無料
■アクセス: 市バス208「泉涌寺道」
またはJR・京阪「東福寺」駅より徒歩10分
■お問合せ: 075-561-3443
■詳細ページ: 即成院公式ホームページ

斎宮行列

斎宮行列

輿に乗った十二単の斎宮代。
伊勢神宮へ出立する時の、禊等の神事を再現するもので、野宮神社で祭典が行われた後、
正午から行列が渡月橋まで練り歩きます。
14時頃には保津川で御禊の儀が行われます。

■場 所: 野宮神社・渡月橋一帯
■期 間: 2019年10/20(日)
■時 間: 正午出発
御禊の儀:14時~
■アクセス: 市バス28「野々宮」
またはJR「嵯峨嵐山」駅より徒歩12分
■お問合せ: 075-871-1972
■詳細ページ: 野宮神社公式ホームページ  野宮神社周辺情報

城南宮神幸祭

城南宮神幸祭

曲水の宴で知られる城南宮は、方除けの神として広く信仰を集めています。
6基の各神輿が雅楽に送られて氏子地域を練り歩き夕刻に還幸する、
城南宮最大の御霊会です。
還幸の際、大松明が神輿を先導し、その灯りの中、拝殿廻しが行われるシーンは見応えがあります。
また、前日午後には、餅搗きの奉納があります。雨天決行。

■場 所: 城南宮
■期 間: 2019年10/20(日)
■時 間: 祭典:9時~
神輿の渡御:正午過ぎ~
■アクセス: 地下鉄烏丸線「竹田」駅より 市バス南1・2・3「城南宮東口」
■お問合せ: 075-623-0846
■詳細ページ: 城南宮公式ホームページ

笠懸神事

800年以上前に同社で奉納されていた儀式が、武田流弓馬道により奉納されます。
地上にある的を馬上から射る小笠懸や、水平に的を射る遠笠懸など、流鏑馬より実戦的!当日は観覧席も設けられ、英語の解説もあります。
神社奉納としての笠懸は、関西において当社が全国唯一で、女性射手の騎乗も(予定)。

■場 所: 上賀茂神社
■期 間: 2019年10/20(日)
■時 間: 13時~
■アクセス: 市バス9「上賀茂御薗橋」または
地下鉄「北山」駅より徒歩約15分
■お問合せ: 075-781-0011
■詳細ページ: 京都の世界遺産特集
スタッフレポート
動画はこちら

季節の光景...圓徳院・ツワブキ<石蕗>

季節の光景...圓徳院・ツワブキ<石蕗>

北政所ゆかりの高台寺の塔頭の一つ、圓徳院が参道入り口前にあります。石畳のある表境内のみ拝観自由とされていますが、苔むす中の、長い茎を持つ鮮やかな黄色の花です。
もともと圓徳院は秀吉の正室・北政所の伏見城、化粧殿(けわいでん)を移築したものです。
境内にはお店の並ぶ広場もあり、お寺の静かさとは違い、心持ち賑やかです。
そろそろ肌寒くなってきましたね。可愛らしくもしっかりとした印象の石蕗は、まるで秋の菜の花のようです。

■場 所: 圓徳院
■アクセス: 市バス206「東山安井」
または京阪「祇園四条」駅より徒歩14分
■お問合せ: 075-525-0101
■詳細ページ: 圓徳院公式ホームページ

一言コラム

choice 外国人に京都を案内するガイドさんの頭を悩ませているのが、食事の問題です。 動物性のものを一切食べない「ヴィーガン」、小...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。