京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 
TOP > 観光 > 2018年10月の行事一覧 > 2018年10月28日(日)の行事一覧

2018年10月28日(日)の行事一覧

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

金剛能楽堂、京都観世会館・定期能

金剛能楽堂、京都観世会館・定期能

恒例の定期能です。

演目:金剛能楽堂:能「三井寺」、狂言「柑子」、能「雷電」
京都観世会館:能「養老 水波之伝 」、能「清経 替之型」、狂言「口真似」、能「花筐 筐之伝」、能「石橋 師資十二段之式」

■場 所: 金剛能楽堂・京都観世会館
■期 間: 2018年10/28(日)
■時 間: 金剛能楽堂:13時半~、
京都観世会館11時~
■料 金: 京都観世会館:6000円~12,000円、学生:3500円
金剛能楽堂:6000円、学生:3000円
■アクセス: 金剛能楽堂:地下鉄烏丸線「今出川」駅、
京都観世会館:市バス5、100「京都会館美術館前」
■お問合せ: 金剛能楽堂:075-441-7222、
観世会館:075-771-6114
■詳細ページ: 金剛能楽堂ホームページ
京都観世会館ホームページ

青蓮院・秋期大法要 熾盛光法(しじょうこうぼう)

青蓮院は天台密教の嫡流の一つとして、本尊にこの熾盛光如来を祭り、
折々に天変地異の息災と皇室の安寧を祈願する役割を担ってきました。
その勤めの修法が平成17年のご開帳を勝縁として、平成18年より一般に公開されました。

■場 所: 青蓮院
■期 間: 2018年10/28(日)
■時 間: 12時~
■料 金: 500円
■アクセス: 市バス5「神宮道」
または地下鉄東西線 「東山」駅より徒歩5分
■お問合せ: 075-561-2345
■詳細ページ: 青蓮院公式ホームページ   青蓮院周辺情報

相国寺承天閣美術館「禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展」

相国寺承天閣美術館「禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展」

臨済禅師没後1150年と、白隠禅師没後250年を記念し、中国宋・元、日本中近世の墨蹟、祖師図等を一堂に展観します。
臨済義玄(不詳~867)は臨済宗の宗祖で、初祖菩提達磨から六祖慧能により中国に土着した禅を更に広く伝播させ、また日本臨済宗中興の祖・白隠慧鶴(1685~1768)は、諸国を巡化して禅の日本化と民衆化を推進しました。

■場 所: 相国寺承天閣美術館
■期 間: 2017年6/15(木)~12/3(日)
■料 金: 入館料:一般800円 65歳以上・大学生600円
■アクセス: 地下鉄烏丸線「今出川」駅
■お問合せ: 075-241-0423
■詳細ページ: 臨済宗相国寺派公式ホームページ  相国寺周辺情報

神楽岡社神幸祭

神楽岡社神幸祭

神楽岡社は吉田神社の末社で神楽岡町の氏神です。
吉田神社は859年、中納言藤原山陰により平安京の鎮守神として創建されました。
神幸祭の神事の後、神楽・鳳輦(ほうれん)、稚児行列が町内を巡幸します。雨天決行。

■場 所: 吉田神社内神楽岡社
■期 間: 2017年10/29(日)
■時 間: 10時半~
■アクセス: 市バス206「京大正門前」
■お問合せ: 075-771-3788
■詳細ページ: 吉田神社公式ホームページ  吉田神社周辺情報

季節の光景...大覚寺・嵯峨菊

季節の光景...大覚寺・嵯峨菊

この頃になると大覚寺では、1000鉢もの嵯峨菊を並べた嵯峨菊花展が行われます。
ひょろ長い茎が伸び、なかには人の身長に負けない程のものもあります。
大覚寺はその昔嵯峨天皇の離宮であり、寺院に改められて天皇や皇族が住職につきました。そのためか、どこか建物が宮廷のように豪華に見えます。
花は茎の下の方から順に咲き始め、添え木に支えられて秋の青空めがけて赤、白、黄色と咲き誇ります。

■場 所: 大覚寺
■アクセス: 市バス28「大覚寺」
またはJR 「嵯峨嵐山」駅より徒歩17分
■お問合せ: 075-871-0071
■詳細ページ: 大覚寺公式ホームページ

一言コラム

kun 茶席や飲食店、旅館等に足を踏み入れた瞬間に深い香りに包まれると、別世界に入ったような、あるいは大切にもてなされているような気分...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。