京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 
TOP > 観光 > 2020年12月の行事一覧 > 2020年12月5日(土)の行事一覧

2020年12月5日(土)の行事一覧

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

角屋もてなしの文化美術館・秋季企画展示

角屋もてなしの文化美術館・秋季企画展示

当美術館は、かつての島原の花街にある
「揚屋(置屋から、公家や文化人が太夫や芸妓を呼び遊宴した所)」でした。
この建築を目にするだけでも価値がありますね。
是非、休業日(7/19~9/14、12/16~3/14) までに
2階の「扇の間」見学の予約を入れて、セットで楽しみましょう!

■場 所: 角屋もてなしの文化美術館
■期 間: 9/15~ 12/15(※毎年同じ日程です)
■料 金: 一般1000円
中・高生800円
小学生500円
(2階の特別公開料金を除く)
■アクセス: 市バス205「梅小路公園前」またはJR「丹波口」駅より徒歩約7分
■お問合せ: 075-351-0024
■詳細ページ: 角屋もてなしの文化美術館公式ホームページ
島原周辺情報

吉例・顔見世興行

吉例・顔見世興行

2019年は南座新開場一周年記念の公演です。 歌舞伎の発祥地・南座の恒例、「顔見世」。
歌舞伎の発祥地・南座の恒例、「顔見世」。
江戸期の役者は11月から翌10月までの1年契約で、
正月初めに新しい役者が舞台で名乗り口上を述べていたことから由来しています。
毎年末、東西の役者が一斉に集まるので、要注目です。
また、役者名を勘亭流という独特の書体で書いた「まねき看板」が顔見世の時期だけ劇場前にずらりと上がる風景は、京都の冬の風物詩です。

■場 所: 南座
■期 間: 2020年12月5日(土)~19日(土)※休演:11日(金)
■時 間: 第一部:10時半~、第二部:16時30分~、第三部:18時40分~
■料 金: 4,000円~17,000円
■アクセス: 市バス106「四条京阪前」または
京阪「祇園四条」駅より徒歩約2分
■お問合せ: 075-561-1155
■詳細ページ: 南座公式ホームページ
関連特集

季節の光景...寒椿・梅宮大社

季節の光景...寒椿・梅宮大社

梅宮大社には300本、30~50種類もの椿があり、梅や桜やかきつばた、はなしょうぶや紫陽花もとても豊富で、何度でも通 いがいがあるところです。
華やかさと上品さと力強さ、そして散り際のはかなさ。
椿は種類により12~5月、1~4月に多く咲き、 この時期に咲くものは低木が多いようです。
お茶花と しても親しまれ、かたく閉じたつぼみもまた違った美しさがあり、スケッチにも最適です。

■場 所: 梅宮大社
■アクセス: 市バス28「梅ノ宮神社前」または阪急「松尾大社」駅より徒歩約15分
■お問合せ: 075-861-2730
■詳細ページ: 梅宮大社公式ホームページ

一言コラム

yuba 下鴨神社を少し北に行ったところにある「てづくりとうふ すがい」さんの豆腐は、昔から実家の食卓によく上がっています。 以前から...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。