京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 
TOP > 観光 > 2020年3月の行事一覧 > 2020年3月29日(日)の行事一覧

2020年3月29日(日)の行事一覧

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

随心院・はねず踊り

随心院・はねず踊り

花笠を被りはねず色(白色を帯びた紅色の古名)の段絞りの小袖を着た少女が踊ります。
随心院は小野小町の住居跡といわれ、遅咲きのはねずの梅が咲き乱れる庭園で
行われる「はねず」衣装と菅笠の小町と少将に扮した少女達の童唄と踊りは、とても華やか。
早春の「はねず」の咲く頃、老いた小野小町は里の子達と遊び、
楽しい日々を過ごしたといいます。
梅の花が咲く頃になると、里の子供達が小町を偲んで童唄が歌われ踊られてきたといいます。
小町と深草の少将との恋物語を思い出しながら鑑賞したいものですね。
前日には奉納舞があります。

■場 所: 随心院
■期 間: 2020年3/29(日)

※2020年度は、新型コロナウイルス対応のため『はねず踊りは中止の。ただし3月1日(日)からの梅園の公開は通常通り。詳しい日程は公式サイトをご覧ください。
■時 間: 11時~、12時半~、13時半~、15時~
■料 金: 拝観料:1000円(通常500円、梅園500円)
■アクセス: 地下鉄東西線「小野」駅
■お問合せ: 075-571-0025
■詳細ページ: 随心院公式ホームページ

細見美術館「華めく洋食器 大倉陶園 100 年の歴史と文化」

細見美術館「華めく洋食器 大倉陶園 100 年の歴史と文化」

「陶磁器に出会うシリーズ」の第8弾は、大正 8(1819)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された日本を代表する洋食器メーカー・大倉陶園です。
「良きが上にも良きものを」の理念のもと生産される磁器は、フランスのセーヴルやドイツのマイセンなどの名窯にも比肩すると高く評価され、皇室をはじめ、数多くの文化人や財界人に愛されたほか、老舗ホテルやレストランでも供され、日本の洋風文化
の一翼を担ってきました。

■場 所: 細見美術館
■期 間: 2020年1/7(火)~3/29(日)
■時 間: 10~18時(入館は30分前まで)
■料 金: 1,400円
■アクセス: 市バス5「京都会館美術館前」または
地下鉄東西線「東山」駅より徒歩約10分
■お問合せ: 075‐752-5555
■詳細ページ: 細見美術館公式ホームページ  細見美術館周辺情報

季節の光景...円山公園

季節の光景...円山公園

京都の桜!といえば円山公園のしだれ桜を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?
4月に入るとしだれ桜の周りにかがり火が焚かれ、幽玄な雰囲気が醸し出されます。
円山公園は又、夜桜見物の名所としても有名で、しだれ桜の周りで場所取りをした経験のある方もおられるのではないでしょうか?
桜を囲んだ花見の宴で新入社員や新入生との親睦もますます深まることでしょう。

■場 所: 円山公園
■期 間: ※新型コロナウイルス対応のため2020年3月27日現在、再び中止が決定しました。(露店もありません)
詳細サイト(https://ja.kyoto.travel/news/format.php?id=143)をご確認ください。
■アクセス: 市バス206「祇園」または
京阪「祇園四条」駅より徒歩約14分
■お問合せ: 075-561-0533(円山公園管理事務所)
■詳細ページ: 京都の桜特集  祇園特集   京都市都市緑化協会管理事務所

一言コラム

myoken 通院の予定があり自家用車で京都市内を走っていると、だいぶ桜の開花が進んできているようです。 かつての混雑ほどでは無いも...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。