京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

「京の着倒れ」呉服問屋が建ち並ぶ町 室町

第4回 室町の会社に勤めるOL
新町めぐみさんのおすすめコース

*地図をクリックすると拡大できます。印刷してお使いください。

室町、京の着倒れ付近の詳細地図はこちら!
 

江戸時代、室町界わいは日本の商業の中心地で、茶屋四郎低や三井家、住友家、
松坂屋等の店が軒をならべ、商売人は室町に会社を持つ事が夢でした。
祇園祭の山鉾等は旦那衆が金を出し合って出来たものと聞いています。

従業員は店や路地に住み、職位一体で生活をし、祇園祭では囃子をしたり、綱を引いたりするのです。
その後、旦那衆が酒食の振る舞い事をし、ねぎらうわけです。
素敵な町屋もある商いの町、室町へおこしやす。

長者庵孫助(ちょうじゃあんまごすけ)

焼酎とおばんざい

築100年の町屋を改装したおばんざいのお店。
調味料は無添加や自家製の物のみを使うと言った、見えないところへ強いこだわりが。
焼酎(¥300~)は約200種類も揃い、好みを伝えると店主が選んでくれる。
写真は白あえ(¥600)と豚肉ザーサイメークインのシャキシャキ炒め(¥550)。
川端通り沿いに焼酎を数多くそろえた支店「BARはなれ西岡や」もあるので
こちらにも是非行ってみたい。

住所:中京区衣棚通六角上ル
TEL:075-223-5599
営:18:00~22:00(LO)
休:日曜日(祝日は営業・その場合翌週月曜休み)

室町 長者庵孫助

よしだpapa(よしだぱぱ)

創作料理 和・洋

8月でオープン2年目を迎える創作居酒屋。
和洋のバランス絶妙な創作料理の数々がスタンバイ。
手書きの日替わりメニューには旬の素材を生かした料理がたくさん揃い、
特に魚介類の鮮度は抜群!!
器にもこだわり、見た目にも楽しい料理がいただける。
写真はクリームチーズやっこ風(¥500)と牛たんシチュ(¥800)。

住所:中京区烏丸通錦西入ル小路下ル
TEL:075-255-4678
営:18:00~0:00
休:日・祝

室町 よしだpapa

おもい川(おもいがわ) ちょっとあやしいバー

日舞深蔭流の松比呂、友比呂兄弟のバー。
和紙を使った照明やアンティークのインテリアの置かれている店内は落ちついた雰囲気。
好みに応じて作ってくれるカクテルは¥800~。
写真はワインに数種類のフルーツを漬け込んだ自家製のサングリアと
カシスベースのカクテル「忍ぶ夜の恋」(各¥900)。チャージは男¥500、女性はなし。

住所:中京区烏丸通錦西入ル占出山町310-8
TEL:075-231-6262
営:19:00~2:00
休:日

室町 おもい川

紫織庵(しおりあん)

じゅばん美術館

有形文化財に指定されている町家を利用した、京のじゅばんと町家の美術館。江戸時代に作られた庭園や、竹内栖鳳作の欄間など貴重な歴史資料も見ることができる。
祇園祭の期間には宵山見学や巡行見学のイベントも催されているが、残念ながら今年は満席。
また、7/1~7/30は「祇園祭と屏風飾り」展が行われるのでそちらも覗いてみたい。訪れる際には事前に電話を。

住所:中京区新町通六角上ル
TEL:075-241-0215
営:10:00~17:00
休:無休
入場料:¥500

室町 紫織庵

くろちく天正館(くろちくてんしょうかん)

料理・和装小物・アンティーク

路地奥にある、京の佇まいを再現した工芸品店。
ちりめんの小物やのれんなどオリジナルデザインの商品が豊富に揃う。
和装だけでなく洋服にも合う小物やかばんも充実しており、幅広い客層から人気のお店だ。
写真の古布市松はぎの携帯電話入れ(¥2500)と手提げ(¥8500)は
どちらも女性に大人気のイチオシ商品。随時新作も発表されているのでこまめに足を運びたい。

住所:中京区新町通錦小路上ル百足屋町380
TEL:075-256-5000
営:平日9:00~18:00
日・祝10:00~18:00
休:無休
URL:くろちく天正館 Webサイト

室町 くろちく天正館

京のきもの屋 四君子(きょうのきものや しくんし)

京のきものの入り口

四君子店舗は2007年4月で閉店致しました。

築130年の情緒溢れる町屋で、着物や和装小物を販売。
また奥の蔵では、アンティークの着物や古布をリメイクした洋服や小物類が並ぶ。形式にとらわれない、楽しみ方も発想も自由なコーディネイトを提案してくれるので、20代30代の若い女性に人気というのも納得。値段も手頃、試着できるので、気軽にお気に入りを探しに出かけてみてはいかが?

7/12~7/17の祇園祭期間はJR京都伊勢丹のイベントに、
アンティーク着物や和雑貨を出品している。

住所:下京区四条通り西洞院東入ル南側
TEL:075-221-0456
営:10:30~19:00
休:無休

室町 京のきもの屋四君子

百足屋(むかでや)

130年ほど前に建てられたという呉服屋を改築した店内は、ゆったり寛げる和みの空間。お昼の百足屋弁当¥3000-は二つのお膳に、おかずとごはんがのったもの。丹波の黒豆を使った黒豆ごはんの香りがなんともたまらない。

住所:中京区新町通錦上ル百足屋町381
TEL:075-256-7039
営業時間:am11:00~pm14:00LO pm5:00~pm9:00LO
定休日:水曜日

室町 百足屋

一言コラム

kakimoto 秋はチョコレート、冬に入るとココアが飲みたくなる季節です。 とある秋の日。京都の古い神社をお参りした後、「アッサ...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。