京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

[芸妓、舞妓さんのをどり]北野をどり


温習会が発展して始まった七軒歌舞会の舞踊公演です。
他の「をどり」よりやや小規模ながら、ひと味違う渋さが魅力です。
芸・舞妓さんが勢ぞろいします。  →スタッフレポート「和紙の緞帳」


【2017年の演目】
一、舞踏劇 「
ゑにしの宮 末はひとつになる物語(歌舞伎仕立ての舞踏劇で、江戸時代の縁結びの神社を舞台に、身分の違う若い男女の恋物語をします)
二、純舞踊 「旅情ところどころ(東北や九州、四国に伝わる民謡や伝統行事を題材にした多様な踊りと音楽を披露します)
三、フィナーレ 「上七軒夜曲」

 
室町時代に北野天満宮門前の茶店から発祥した上七軒は京都最古の花街で、戦前までは「舞妓」とは呼ばず全員が「芸妓」だったといいます。2010年には舞妓の数が初の2桁代へと増えました。


◆会場 上七軒歌舞練場(上京区今出川通七本松)
◆開催期間 3/25~4/7(※毎年同じ日程です)
◆開演時間 13時30分〜、16時〜(全日2回公演)
◆観覧料 お茶席券付:4,800円
お茶席券なし:4,300円
 ※学生 2,500円(お茶券付、当日窓口にて学生証提示)
◆アクセス 市バス「上七軒」停留所
市バス「北野天満宮前」停留所
◆お問合せ 075‐461‐0148(上七軒歌舞会)
主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

一言コラム

ryu 紅葉の観光シーズンで混み合う前に、あるいはその後に、贅沢な時間の使い方をしてみませんか? 京阪・叡電「出町柳」駅向かいにある「...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。