京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

晴明祭




コミックや映画など様々なメディアでも大活躍の安倍晴明・・・
現代の少女たちのスターです。
その安倍晴明が年に一度、この地に舞い降りて来ると伝わるお祭が
この「晴明祭」なのです。
ファンならずとも一度は見てみたい祭事ですね。

日程:2016年9月21(水)・22(木・祝)(※毎年秋分日前夜と秋分日)
場所:晴明神社境内(京都市上京区堀川通り一条上ル晴明町)
お問合せ:075-441-6460
アクセス:市バス9 一条戻り橋停留所

イベント一覧

★宵宮祭 :秋分の日前夜  19時〜

お迎え提灯のお練り、御湯立神楽の奉納が行われます。巫女さんがぐらぐら煮立ったお湯の中に笹を入れて、その笹を振り回しお祓いしてくれます。
また、地元の子供達約100名が「ちびっこお迎え堤灯行列」を執り行います。

★例祭:秋分の日 10時〜

最も重要な祭儀です。氏子奉賛会や講社員が多数参列し、献茶や献花などもあり境内には露店が並び非常に賑わいます。


★神幸祭:秋分の日 13時〜   

当日、13時に本社を出発し、氏子町内を巡幸します。祭列には500人もの勇壮なる少年鼓笛隊を先頭に、菊鉾、扇鉾、獅子、御神宝、飾馬等に晴風稚児、八 乙女、四神稚児等が独特の美しい装いで供奉します。
本社神輿の他に 「桃薗みこし」「聚楽みこし」の二社の若神輿も巡幸し、途中で御旅所祭を行い、17時に本社に還御します。神幸祭とは「神が巡幸する祭」の略なのだそうで、年に一度晴明がこの地に舞い降りると言われています。

他の安倍晴明の祭

★26日には嵯峨墓所祭が行われます。

この日は晴明公の命日にあたり、嵯峨墓所に参拝して祭典を執り行います。

場所:晴明墓所(京都市右京区嵯峨角町)
日時:26日(毎年日程は同じ)  9時〜 時間は20分程度
アクセス:京福電鉄 嵐山駅
※歩いてからが複雑なので、地元の方に尋ねた方がいいでしょう。


まず大釜に湯を沸かし、清めの御塩と供物の御米、御神酒を注ぎます。そして熱湯につけた笹を
勢いよく左右に振って湯滴を飛ばし、この湯滴を浴びると邪気祓いや無病息災のご利益があることから、
参列者は競って飛び散る湯滴を浴びます。

★観光のワンポイント!
湯立神楽の奉納の際、余り巫女さんの近くにいると熱湯がかかり、びしょぬれになるので気を付けてください。
見物はできれば鳥居側でなくお社側で。お社の方を向いてこの儀式を行うので
鳥居側からだと巫女さんの背中しか見えませんのでご注意を。




五芒星は晴明神社の瓦などに刻印されている星のマークのことです。 日本史上最強の陰陽師とされる安倍清明が、陰陽の二元論、木火土金水の五要素で全宇宙が構成されるとする五行思想、そして星進行を併せて創り出したのが、 「清明桔梗印」とも呼ばれる「五芒星」です。 これは陰陽道に用いられる祈祷呪符とし、ギリシャ語ではペンタグランマと称して西洋諸国でも魔除の印としています。軍人の制服に星の紋章を縫いこむのも、この厄除けに由来するそうです。
もっと安倍晴明のことが知りたい方は・・・
e京都ねっとの京のさんぽ「安倍晴明」へどうぞ!


一言コラム

den座像にして7.5メートルと、京都で一番大きいとされる轉法輪寺の阿弥陀如来。 この大きな仏さまも、一般的に大きく描く事になっているとい...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。