京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

【第25回 少しずつでも美しい振る舞いを】

市田ひろみさんの

第25回 少しずつでも美しい振る舞いを

王妃は全く姿勢が崩れない

タイのシリキット王妃やスウエーデンのシルヴィア王妃とごいっしょしたことがあります。
王妃は脚を組むとき、いちばん美しく見える形に組み、脚を斜めに流すようにします。
そうして一度座ると、そのあとは一時間くらいそのままの姿勢。全く姿勢が崩れません。
みごとなものです。あのような姿を見てしまうと、(あぁ、王妃になるのはあきらめよう・・・)と
思ったりします。


また、アメリカ東部のニューポートであるディナーパーティーに招かれたことがあります。
正式なパーティーでした。パーティーはカクテルから始まり、 そのあと席に座っての
ディナーパーティーになるのですが、カクテルタイムのときに貴婦人たちを見ていて
感心したことがあります。どの人も「ふーん」とか 「へーぇ」とか相槌を打たないのです。
小首を傾げるだけで、黙って話を聞いています。私だったら人の話を 聞くときは、
「あぁ」「ほんま」「へぇー」などとうるさいくらいに合いの手を入れます。そのほうが
相手が話しやすいと思うからです。しかし、ニュー ポートの貴婦人たちはなにもいいません。
それでいて冷たい感じはしません。にっこりほほえみながら相手を見ているので、
話している側は(あぁ、聞いてくれているんだなぁ)と思えるのです。
エレガントとうのはこういうことなのかと感心し、こういう話の聞き方もあるのかと思いました。
見ていて少しも相手を 不安にさせるものがなく、若くてもみんな非常に落ち着いています。




落ち着いた振る舞いは訓練の賜物


高貴な人たちのあの落ち着いた振る舞いは一朝一夕で身につくものではありません。 
おそらく小さいときから躾られた 訓練の賜物だと思います。あそこまで徹するのは難しいことですが、
私たちもできることから少しずつでも美しい振る舞いを身につけていきたいも のです。
小さいことから始めるといいでしょう。


例えば、お茶碗でもコーヒーカップでも把手がないときは、右手で持ったら、左手を底に添える
きれいに見えます。片手で飲むよりもずっとエレガントです。食事のテーブルでひじを突かないのは
常識
だと思うのですが、最近はレストランなどでひじを突いて食べている女性を見かけます。
あれは見苦しいのでやめたほうがいいでしょう。
グ ラスやコーヒーカップについた口紅は、すぐにナプキンでふきとります。べったり口紅が
ついたカップというのは見ていて興ざめするものです。ナイフは刃を自分のほうに向けて置きます。
飲んだり食べたりするときはその人の品性が出やすいと思いますし、男性は案外よく見ているものです。


年齢相応の周りの人が安心して見ていられる所作を身につけたいものです。




市田ひろみ著『ええ女の作法 四十四の極意』より


人の話を聞くとき、しつこい程に相槌を打っていると相手に野暮ったい印象を与えます。
まずは少しでも長く美しい姿勢 を崩さないよう心掛けてみてはいかがでしょうか。
微笑みながら静かに頷き、じっと相手の話を聞く。そう、特に大切な人との会話でも・・・。

まとめ:e京都ねっと 小山


一言コラム

ryu 紅葉の観光シーズンで混み合う前に、あるいはその後に、贅沢な時間の使い方をしてみませんか? 京阪・叡電「出町柳」駅向かいにある「...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。