京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 
TOP > 観光 > 2020年4月の行事一覧 > 2020年4月12日(日)の行事一覧

2020年4月12日(日)の行事一覧

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

城南宮・方除大祭

城南宮・方除大祭

神楽奉納、甘酒無料接待等があり、神苑の紅枝垂桜の下で楽しく過ごせます。
境内には離宮茶屋があり軽食もいただけます(雨天決行)。
転居、病気等方位に関する災厄から逃れられたことに感謝する祭礼は当宮ならでは。
期間中、新舞踊、創作太鼓、亀岡太鼓のほか、甘酒の無料接待などがあります。

■場 所: 城南宮
■期 間: ※新型コロナウイルス対応のため中止。
詳細は公式サイトをご確認ください。

2020年4/10(金)〜/12(日)
■料 金: 神苑拝観:600円
■アクセス: 京都らくなんエクスプレス「油小路城南宮」、
地下鉄烏丸線「竹田」駅西口より 市バス南1・2・3「城南宮東口」(徒歩の場合は15分)
■お問合せ: 075-623-0846
■詳細ページ: 城南宮公式ホームページ   関連特集

やすらい祭

やすらい祭

京都では「春の花が散る頃、散る花のように疫神が病を振りまき人を悩ます」と言われてきました。 そのため鎮花祭(はなしずめのまつり)とも呼ばれ平安時代から続いています。
「やすらい花や ヨーホイ」の掛け声とともに、赤熊(しゃぐま)を振り乱して鬼たちが舞います。
そして、笛、鉦、太鼓にあわせて行装の一団が囃し、花に宿る精霊が悪霊を誘いだし、花傘に閉じ込めながら各町内を練り歩きます。
この傘に入ると一年を無病息災に暮らせるそうで、近所のお馴染みさんと手をつないで傘に駆けよる光景が見られます。

四地区
1)紫竹上野町・光念寺出発-今宮神社(14時半頃)-光念寺
2)紫野雲林院町・玄武神社出発(13時頃)-氏子区域-玄武神社(18時頃)
3)西賀茂・川上大神宮神社出発-氏子区域-今宮神社(15時頃)
4)上賀茂・岡本やすらい堂出発-上賀茂神社-やすらい堂(1ヶ月後に実施)

■場 所: 今宮神社、玄武神社、川上大神宮
■期 間: 2020年4/12(日

※玄武神社でのやすらい祭は、2020年度は中止となりました(今宮神社は関係者のみ)。詳細は各社にご確認ください。
■時 間: 11~16時
■アクセス: 今宮神社:市バス206「船岡山」
玄武神社:市バス206「大徳寺前」
川上大神宮社:市バス9「西賀茂車庫前」
■お問合せ: 今宮神社(075-491-0082)
玄武神社(075-451-4680)
川上大神宮(075-493-2750)
■詳細ページ: 今宮神社ホームページ
玄武神社ホームページ
スタッフレポート

上賀茂神社・賀茂曲水宴

平成6年皇太子殿下御成婚・平安建都1200年・上賀茂神社第41回式年遷宮の際、
奉祝記念事業として「賀茂曲水宴」が復活しました。
渉渓園に雅楽が流れる中、葵祭の斎王代が当年の歌題を披露し、女房装束姿の歌人が短冊に筆を走らせ、
春の「ならの小川」からの分水で繰り広げられるみやびやかな光景にうっとりしてしまいます。
野点の席も設けられます。
また、鳥居前の焼餅は、上品な甘さで1年を通じて人気があります。

■場 所: 上賀茂神社
■期 間: ※新型コロナウイルス対応のため2020年度は中止。 詳細は公式サイト(https://www.kamigamojinja.jp/)をご確認ください。
2020年4/12(日)
■時 間: 13時~
■料 金: 1000円(お茶券付/先着500名)
■アクセス: 市バス9「上賀茂御薗橋」または
地下鉄「北山」駅より徒歩約15分
■お問合せ: 075-781-0011
■詳細ページ: 京都の世界遺産特集

松尾大社・中酉(ちゅうゆう)祭

松尾大社・中酉(ちゅうゆう)祭

酒造りの祭で、社務所の裏を御手洗川という渓流が流れておりこの近くに霊泉があります。
酒造家はこの水を酒の水として造り水に混ぜて使います。
一般には延命長寿、よみがえりの水として有名です(松風苑内)。
酒造りの神にちなみ楼門前南側にお酒の資料館もあります。
中酉祭は、「醸造感謝祭」とも呼ばれ、古来より卯の字は甘酒、酉の字は酒壺を意味していると言われ、酒造りは「卯の日」にはじめ、「酉の日」に終えるという習わしから生まれた祭りです。

※2020年度は新型コロナウイルス対応のため内容を一部変更。詳細は公式サイトをご確認ください。

■場 所: 松尾大社
■期 間: 2020年4/12(日)
■時 間: 11時~
■アクセス: 市バス28「松尾大社前」または
阪急「松尾大社」駅
■お問合せ: 075-871-5016
■詳細ページ: 松尾大社公式ホームページ   松尾大社周辺情報

地主神社・えんむすび祈願さくら祭

地主神社・えんむすび祈願さくら祭

清水寺舞台の北隣にある恋の神様です。
素敵なご縁を授かって、季節だけでなくハートにも春を呼びたい方へ朗報!
縁結びの神様恒例の春の行事です。
古来より謡曲や詩歌などで知られた地主権現のさくら祭では、
白川女による地主桜の献花・献茶や、謡曲「田村」「熊野(ゆや)」披露の後、
俳句の朗詠や縁結び祈願などが行われます。
参拝者全員に平和開運御守りが無料で配布されます。
また有名な地主桜は八重と一重の花を同時に付ける珍しいもの。
付近では最も遅く開花し、黄桜と共に見応え充分です。

■場 所: 地主神社
■期 間: 2020年4/12(日)
■料 金: 清水寺の入山料:300円
■アクセス: 市バス206「清水道」
■お問合せ: 075-541-2097
■詳細ページ: えんむすび特集   京都桜特集   スタッフレポート

醍醐寺・太閤花見行列

醍醐寺・太閤花見行列

慶長3年になされた秀吉の花見を再現します。
花見行列は三宝院の唐門から金堂前まで、
2,000本の桜に囲まれて行われる華麗な催しです。
豊臣家の桐紋の入った紅白の幕が張られ、
ぼんぼりも建てられ派手好みの秀吉の雰囲気がいっぱいです。(雨天決行)
醍醐桜会も同時開催中(4/1~/21)です。

■場 所: 醍醐寺
■期 間: ※新型コロナウイルス対応のため中止。
詳細は公式サイト詳細は公式サイト(https://www.daigoji.or.jp/)をご確認ください。

2020年4/12(日)
■アクセス: 地下鉄東西線「醍醐」駅
■お問合せ: 075-571-0002
■詳細ページ:   京都の世界遺産特集   醍醐寺周辺情報

常照寺・吉野太夫花供養

常照寺・吉野太夫花供養

島原の名妓、吉野太夫を偲ぶ催しです。
近くの源光庵前から禿(かむろ)や男衆を従え
島原太夫が歩く姿は華やかで気品に満ちています。
法要と吉野太夫墓前供養が行われ、野点席では太夫によるお点前もあります。

■場 所: 常照寺
■期 間: ※新型コロナウイルス対応のため2020年11/15(日)に延期。
詳細は公式サイトをご確認ください。

2020年4/12(日)
■時 間: 野点席のお点前:9~15時
■料 金: 拝観料:
前売券5000円当日券5500円(野点、遺芳庵茶席、煎茶席の三席)、点心
受付:8時半~
■アクセス: 地下鉄烏丸線「北大路」駅より 市バス北1「鷹峯源光庵前」
■お問合せ: 075-492-6775(吉野太夫花供養保存会)
■詳細ページ: 常照寺公式ホームページ  京都桜特集   スタッフレポート

季節の光景...半木の道

季節の光景...半木の道

北山大橋から北大路橋までの賀茂川東岸はベニシダレザクラだけが途切れなく続く「半木(なからぎ)の道」といいます。

幅広い年齢層の人々で賑わう桜のトンネルです。

■場 所: 半木の道
■アクセス: アクセス: 地下鉄烏丸線 「北山」駅
■詳細ページ: 京都の桜特集

一言コラム

kamo 再び、巣籠り生活が始まるのでしょうか。 今年の初夏に町家の借家暮らしを体験していたとき、限られた外出の中で、近くの新町商店街...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。