京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 
TOP > 観光 > 2016年5月の行事一覧 > 2016年5月15日(日)の行事一覧

2016年5月15日(日)の行事一覧

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

葵祭(京都三大祭)

葵祭(京都三大祭)

葵祭は、京都3大祭の一つ。
宮中の儀・路頭の儀・社頭の儀からなり、その中でも文官・武官列や女人列、
斎王代を乗せた腰輿、牛車など500人が練り歩きます。
葵祭の行列は10時30分に京都御所を出発し、下鴨神社・上賀茂神社へと参向します。

■場 所: 京都御所・下鴨神社・上賀茂神社
■期 間: 5/15(※毎年同じ日程です)
■時 間: 10時半に京都御所を出発
雨天順延(翌日。両日雨の場合、行列は中止)
■お問合せ: 075-781-0010 (下鴨神社)
■詳細ページ: 葵祭特集

大田神社~上賀茂神社・やすらい祭

大田神社~上賀茂神社・やすらい祭

桜の花びらが散る頃に、疫神も舞って疫病を撒き散らすと信じられていました。
その疫神を安らかに鎮めるお祭で、どうぞ桜も安らかに舞い散ってほしいという願をこめて、鐘や太鼓を打ち鳴らし「いんやすらいや…花や…」と歌いながら赤熊をつけた鬼や花笠が町内を練り歩きます。
国の重要無形民俗文化財に指定されています。

■場 所: やすらい堂(北区上賀茂岡本町)→大田神社→上賀茂神社→藤ノ木社など→やすらい堂
■期 間: 5/15(※毎年同じ日程です)
■時 間: 11時出発
■アクセス: 大田神社:地下鉄烏丸線「北大路」駅より市バス北3「御薗口町」
上賀茂神社:市バス9「上賀茂御薗橋
■お問合せ: 075-791-9596(やすらい踊保存会会長 藤井慎介)、
075-781-0011(上賀茂神社)
■詳細ページ: 関連ページ

松尾大社・還幸祭

早朝出発した御輿(みこし)が、お昼頃には唐橋の旭の杜に6基になって神輿が集合します。その後、神輿の「さしあげ」などがあります。
葵と桂で本殿や神輿等を飾り付け、神職の冠をはじめ、供奉その他関係者も冠や烏帽子に葵と桂を付けるところから、
古来より「松尾の葵祭」別名「松尾の国祭」ともいわれています。

■場 所: 松尾大社
■期 間: 2016年5/15(日)
■時 間: 神輿の帰社:18時頃~順次
■アクセス: 市バス28「松尾大社前」
■お問合せ: 075-871-5016
■詳細ページ: 公式ホームページ  周辺情報

野宮神社、愛宕神社・嵯峨祭

野宮神社、愛宕神社・嵯峨祭

愛宕・野宮両神社の祭礼で、神輿が嵯峨釈迦堂前の御旅所まで巡行します。
元禄4年、松尾芭蕉が落柿舎に滞在中この嵯峨祭を楽しんだという記録が
嵯峨日記にあります。
午前中に御旅所出発後、嵯峨の町内を一巡。午後に嵐山出発。
稚児行列、子供神輿剣鉾巡行。随行、愛宕神輿、野宮神輿、神酒車。
還幸祭では、大行列や勇壮な剣鉾差しが披露され、こちらも盛大です。

■場 所: 野宮神社、愛宕神社
■時 間: 神幸祭:2016年5/15(日)・環幸祭:5/22(日)
■アクセス: 野宮神社:市バス28「嵯峨釈迦堂前」、京都バス71・72「野の宮」
愛宕神社:京都バス72「清滝」より徒歩(約4km)
■お問合せ: 090-6240-7000(嵯峨祭奉賛会)
■詳細ページ: 野宮神社公式ホームページ
愛宕神社公式ホームページ  周辺情報

車折神社・三船祭

車折神社・三船祭

緑薫る嵐山公園、大堰川の川面 では竜頭船(管弦楽)、詩歌船、歌謡船、
流扇船など20数隻(多い時は30隻)の華麗な王朝船遊び。
まるで平安の時代絵巻の中にいるかのような優雅さです。
見学には大堰川東岸のホテル嵐亭近くがおすすめです。
船は20数隻なのに、「三船祭」と呼ばれるのは、その昔白河天皇が行幸の折、
和歌・漢詩・奏楽に長じたものを3隻の船に乗せて船遊びを楽しんだ故事からきています。
車折神社の例祭。小雨決行。※神社からの行列はありません。

■場 所: 車折神社、嵐山渡月橋付近
■期 間: 2016年5/15(日)
■時 間: 船遊:14時頃~
■アクセス: 市バス28「中ノ島公園」、京都バス71・72・73「車折神社前」、嵐電 嵐山本線「車折神社」駅
■お問合せ: 075-861-0039
■詳細ページ: 公式ホームページ  周辺情報

季節の光景...大田神社/かきつばた(五月中旬~下旬)

季節の光景...大田神社/かきつばた(五月中旬~下旬)

大田神社の脇に大田の沢という湿地がありますが、その池に天然記念物のかきつばたが群生しています。
その美しさに圧倒されることは間違いありません。朝方の杜若が最高に美しいそう。見頃は5月中旬~下旬です。
「いずれが あやめか かきつばた」と言われるように、あやめとかきつばたは非常に区別しにくい花ですね。
あやめとかきつばたは同じアヤメ科植物で、かきつばたは水のあるところを好むのに対して、 あやめは陸を好むのだそう。

■場 所: 大田神社
■期 間: (五月中旬~下旬)
■アクセス: 地下鉄烏丸線「北大路」駅より市バス北3「御薗口町」
■お問合せ: 075-781-0907
■詳細ページ: 関連ページ

一言コラム

kyu 「京の冬の旅・非公開文化財特別公開」の対象となっている建仁寺の久昌院。 禅寺に茶室は付きものですが、こちらもバラエティ豊か。 書...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。