京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

静かで活気のある京の坂道 清水~二年坂~三年坂~八坂の塔


*地図をクリックすると拡大できます。印刷してお使いください。
清水寺付近の詳細地図はこちら!
第6回 清水・二年坂・三年坂・八坂の塔

食事処・二年坂 なかむらの女将
中村優美さんのおすすめコース




清水寺の子安の塔に向かう安産祈願の坂「産寧坂」、それに連なるので「二寧坂」とも言われる。
また、大同2年(807年)、3年(808年)にできたので、「二年坂」「三年坂」と名付けれられたという説も・・・。

大正時代は竹久夢二も居を構え、今は京都らしい土産物店、食事処が軒を連ねる「静かで活気のある」道である。

東山のシンボル・八坂の塔にも程近い食事処・二年坂なかむら
女将中村優美さんのおすすめのお店中心に回ってみた。


↓周辺マップ・お土産物店・飲食店情報など↓

清水寺(きよみずでら)

清水寺では年間を通じて様々なイベントが催されている。

●過去の本尊のご開帳
・33年に一度の本堂ご本尊のご開帳(2000年に実施)
・奥の院ご本尊のご開帳(2002年に実施)

●青龍会(日程はこちら
青龍・夜叉神達が境内~清水坂を練り歩く、迫力有るお祭り。ワダ・エミさんデザインの衣装も必見!

●千日詣り・夜間特別拝観(8/14~8/16)
8/14~16日の三日間は、千日詣りの日で、観音さまの最大の功徳がいただける縁日。
昼詣りに加えて、三日とも夜間拝観がある。
どれか一日だけのお参りで、千日詣ったと同じご利益が授かるとされる。
納涼をかねてたくさんな人が参詣される。清水寺の本堂や有名な清水の舞台をライトアップし、
幽玄な雰囲気を醸し出される。
(19:00~21:30/拝観料400円)



清水寺のホームページはこちら

七味家本舗

創業350年、名前の通り、超有名な七味のお店。
ひょうたん、竹筒、プラスチックなど色んな容器に入った七味、一味、
山椒が多種多様に並ぶ
「七味なんてどれも同じじゃないの?」というあなた。
香りが違います。香りが。

住所:京都市東山区清水産寧坂角
TEL:075-551-0738
公式ホームページ
産寧坂の角にあります。

谷口松韻堂(京陶器)

普段使いの陶器やミニチュアの置物を手頃な価格で売っている清水焼のお店。
1客単位での販売、蓋だけの販売、取手が痛んだら無料で交換、
とアフターケアも万全。
店を切り盛りするご夫婦の親切なサービスに、リピーターも多い。
おすすめはかさぎ屋さんでも使われている清水焼の急須と湯呑のセット。¥4700-。
使い込むほどに味のある色になっていくという。手入れの仕方まで
しっかり教えてくれるのも嬉しい。

色とりどりの湯呑は¥900~。
ご飯茶碗は¥1500~
ビールが美味しく飲めるコップ¥1200-~
「ゆっくりしぃや」と名付けられた兎と亀の置物は一体¥450-

住所:東山区清水三丁目三年坂下
TEL:075-561-8520
定休日:無休
公式ブログ
色とりどりの湯呑
急須・湯呑セット

三年庵(あられ)

明治時代の創業から変わらぬ味を守り続けている手焼きのあられ屋さん。
店内の古い写真と今なお変わらぬ外観が歴史を物語る。
昔懐かしい味を求める固定客が多いそう。

おすすめは瓢箪型に網目のついた「瓢箪」¥680-。
程良い醤油味はやみつきになりそう。
様々な味が楽しめる「味くらべ」¥680-も美味しい。

住所:東山区清水三丁目三年坂下
TEL:075-561-7538
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休

左から大和・味くらべ・瓢箪

歴史を守り続けた店構

青龍苑(庭園・土産・食事処)

料亭阪口が青龍苑として生まれ変わった。
緑豊かな庭園は無料で開放され、三軒の茶室を配している。

土産物店としては、京都を代表するくろちく(和雑貨・工芸品)、
松栄堂(香)、よーじや(化粧雑貨)、西利(つけもの)
井筒八ツ橋(八ツ橋)が軒を連ね、食事、喫茶には京都坂口(料亭)、
有喜屋(そば)、イノダコーヒー(喫茶)の各店舗が
個性的な店構えを見せている。

住所:東山区清水三丁目334
定休日:有喜屋/月曜日・阪口/不定休・他店は無休
TEL:075-525-2080 (FAX)

左から大和・味くらべ・瓢箪

有喜屋名物・有喜そば。

清水三年坂美術館

清水三年坂美術館は幕末、明治の金工、七宝、蒔絵、
薩摩焼を常設展示する日本で初めての美術館です。

住所:東山区清水寺門前三寧坂北入清水三丁目337-1
TEL:075-532-4270
営業時間:午前10:00~午後5:00(入館は午後4:30まで)
休館日:毎週月・火曜日
URL:清水三年坂美術館 Webサイト

清水三年坂美術館


忘我亭(クラフト・喫茶・ギャラリー)

その名の通り、我を忘れて楽しんでしまいそうなクラフト・喫茶・ギャラリー。
京都らしい雑貨が並ぶクラフトショップ。

デニムとちりめんのバッグ(¥1900~)がリバーシブルで楽しめて大人気!
動物や花をモチーフにしたおばあちゃんの手作り小物(お手玉、ティッシュカバー、
眼鏡入れetc)は手作りのぬくもりが感じられる。夏はガラスのストラップ(¥1600-)も人気。

言の葉墨彩画家・ひろはまかずとし先生の癒し系の作品にも注目!

中には「カフェ・リストランテ・オブリーオ」も併設。
ここで個展や、結婚式の2次会、趣味の会も開催できるそうなので、興味の有る方は相談してみては?

奥まったところにあるギャラリーは落ち着いた雰囲気。
佐藤勝彦先生の絵や陶器類を常設展示。

忘我亭さんのホームページはこちら

住所:東山区清水3-337
TEL:075-525-3434
定休日:不定休(喫茶)・無休(ギャラリー)
人気のデニムとちりめんのバッグ 佐藤勝彦先生の繪が飾られたギャラリー
人気のデニムとちりめんのバッグ 佐藤勝彦先生の繪が飾られたギャラリー

叶匠寿庵

和菓屋として約50年の歴史を誇る叶匠寿庵

いつでもくつろげる空間として、お茶と和のこころを表現したのがカフェ叶匠寿庵です。

住所:東山区清水3-337
TEL:075-531-9920
営業時間:10:30~18:00(L.O.17:30)
定休日:無休

叶匠寿庵
※このページが作成された2000年の情報です。
主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。



一言コラム

van ただ今開催中の「ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展。 実家が宝飾店の友人を誘って行ったので、「この石は...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。