京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京の最新ニュース

京都でクリスマス特集・追加情報(随時更新)

京都でクリスマス特集はこちら↓
http://www.e-kyoto.net/saiji2/625

■「嵯峨野トロッコ・ストーブ列車」&「保津峡エキナリエ2016」@トロッコ保津駅、トロッコ嵯峨駅:
ストーブ列車:2016年12/8(木)~/29(木)、エキナリエ:12/5(月)~/27(火)、075-861-7444
https://www.sagano-kanko.co.jp/

■「京都タワークリスマスイベント2016」:~2016年12/25(日) ※クリスマスカラーのライトアップは24・25日のみ。075-361-3215

https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-tower/event/2016/11/xmas2016.html

■「マルシェ・ド・ノエル(クリスマス・マーケット)」@アンスティチュ・フランセ関西 京都 ガーデン(京都市左京区吉田泉殿町8):2016年12月17日(土)・18日(日)
11:00~19:00、075-761-2105
http://www.institutfrancais.jp/kansai/

■「イルミネーション・ファンタジー 光の華まつり」@東映太秦映画村:2016年12月23日、24日、29日、30日、31日、2017年1月1日、2日、3日、7日、8日、075-864-7788
http://www.toei-eigamura.com/event/detail/141

■「NISSHA イルミネーション」@2016年11月11日(金)~2017年1月15日(日)17:00~22:00、075-811-8111
https://www.facebook.com/nissha.jp/photos/a.320645731344841.74382.117814538294629/1138704856205587/?type=3
 

九条ねぎラーメンバトルも。「京野菜フェスティバル」

京野菜などのマルシェを毎日開催、23日には京都の8蔵元による京都産酒米を原料とした日本酒の利き酒、24日は料亭のお節料理販売など、日替わりのイベントも展開されます。
 

(日程) 2016年12月23日(金・祝)~25日(日)10:00~20:00
(場所) 岡崎公園
(料金)入場無料
(問い合わせ)075-414-4941(京都府農林水産部流通・ブランド戦略課)
http://oishiosue-kyoyasai.com/

 

親子体験教室「六角凧づくりに挑戦!」

世界で「ROKKAKU KITE」で通じるという「六角凧」は和凧の名作といいます。
親子で楽しく作り、グラウンドであげましょう!


(日程)締切:2016年12月12日(月)必着、 教室:12月25日(日) ①10時~12時または②14時~16時
(場所)京都市学校歴史博物館
(料金)小学生:300円(材料費)保護者:500円(材料費・入館料含む)
問い合わせ) 075-344-1305
http://kyo-gakurehaku.jp/works/index.html#28tako

嵐山花灯路で「月十夜~produced by 宙フェス~」

『京都 嵐山 花灯路』でライトアップされる渡月橋や竹林等も一望できる会場で、当日に見られるという上弦の月や冬の星座・すばるを望遠鏡で覗く天体観測会が行われます。
また、「満月スコーン」などの飲食が楽しめる「月カフェ」、月や星をモチーフとしたキャンドル作りのワークショップ、宇宙への旅を演出するプロジェクター上映、月モチーフのアクセサリー等のクラフト作家によるマーケット等が予定されています。


(日程) 2016年12月10日(土)、17日(土)、18日(日)17:00~20:30(※入館は20:00まで)
(場所)小倉百人一首殿堂時雨殿
(料金) 200円(時雨殿・夜の特別入館料込)※未就学児は無料、小学生は保護者同伴に限り無料
(問い合わせ)075-882-1111 
https://www.facebook.com/sorafes/
https://www.shigureden.or.jp/info/002025.html
http://www.e-kyoto.net/saiji/258

府立総合資料館がリニューアルで一部開館、記念講演も

9月に閉館した府立総合資料館を、京都府立大学の北側にリニューアル移転させた「府立京都学・歴彩館」が23日に一部オープンし、記念式典や内覧会のほか、前文化庁長官で東京大名誉教授の青柳正規氏が講演します。
歴彩館の1階は交流フロア、2階が所蔵資料の閲覧所や府立大の図書館が入る「探究フロア」となり、3、4階は京都府立大文学部が入居、地下1、2階はユネスコの「世界の記憶(世界記憶遺産)」に登録された東寺百合文書(ひゃくごうもんじょ)、京都関連の図書や古文書、行政文書など約74万点を保管する収蔵庫になります。


(日程) オープニング記念式典・記念講演会:2016年12月23日(金曜日) 
※参加募集は12月12日まで。参加無料、定員100名
オープン記念展示「京都府の所蔵品でめぐる京焼の美探訪展(仮)」:12月26日(月曜日)~3月下旬
(場所) 京都府立京都学・歴彩館 
(問い合わせ) 075-411ー5000
http://www.pref.kyoto.jp/kyotogaku/pre-open.html

若冲の昆虫も。「日本文化を育んだ自然」

京都市有形文化財の京町家を舞台に、衣や住などの人々の営みと日本文化、動植物などの自然の関わりを自然史科学の視点から考察する企画です。
角度によってきらめいて見えるキジの羽をあしらった戦国時代の陣羽織や、日本庭園でよく‏見られるコケやシダの種類や特徴を紹介するほか、江戸期の画家・伊藤若冲が描いた昆虫とその昆虫の標本を比較する展示もあります。


(日程) ~2016年12月4日(日)
(場所)野口家住宅「花洛庵」(京都市中京区油小路通四条上ル藤本町)
(料金) 高校生以上:500円、中学生以下:無料
(問い合わせ) 075-211-3551
http://www.hitohaku.jp/infomation/news/legacy-kyoto2016.html

一見さんも舞妓さんに会いに行ける「舞妓シアター」

五花街の一つ、宮川町のお茶屋兼置屋「しげ森」が、花街での遊びが手軽に体験できる「舞妓シアター」を開きました。
外国人観光客や家族連れでも利用しやすいようにテーブル式で、子ども料金もあり、最大36人まで収容できるスペースで、舞台で芸舞妓が演じる舞踊や地唄を観賞しながら弁当やお茶のお点前なども楽しめます。


(日程) 2016年12月1日にオープン
(場所) 「舞妓シアター」(京都市東山区大黒町五条上る大黒町302-2)
(料金) 大人:6,800円~13,000円
(問い合わせ) 075-741-8258
https://maikotheater.jp/

 

「LOVE りぼん FUROKU 250万乙女集合! りぼんのふろく展」

少女マンガ雑誌『りぼん』は、1994年に少女マンガ誌史上最高発行部数255万部を達成しましたが、未だその記録は破られていません。
少女マンガ誌全体の流れをとらえながら、1990年代のふろくを主軸に、りぼんの黎明期から現在までのふろく文化の変遷を追うほか、人気漫画家・柊あおいのトークやサイン会も開催されます。


(日程) 2016年12月8日(木) 〜 2017年2月5日(日)
(場所) 京都国際マンガミュージアム
(料金) 入場料:800円
(問い合わせ) 075-254-7414
http://www.kyotomm.jp/event/exh/lovefuroku.php

秋の特別公開追加情報

■天球院 秋の特別公開:2016年11月19日(土)〜12月4日(日)、一般:600円、075-354-8195
「綴(つづり)プロジェクト」(文化財未来継承プロジェクト)による「梅・柳に遊禽図襖 全十四面」「竹に虎図襖 全八面」(狩野山楽・山雪筆)など金箔襖絵56面の高精細複製品が公開されています。
http://tenq-inn.com/

■柳谷観音楊谷寺で上書院を連日公開:2016年11/19(土) ~ 12/4(日) 、拝観料200円(上書院は別途500円) 、075956-0017 
http://yanagidani.jp/event/koyo_week2016/

haco![ハコ]新嘗祭(にいなめさい)

上賀茂神社式年遷宮基金が付きの商品を販売する「神社YELLプロジェクト」。
本殿前での特別参拝や巫女舞奉納を観たり、上賀茂神社の神饌田で採れた新米を混ぜたお餅やお下がりの利き酒、自然食レストラン “ゆにわ”の特製お弁当を頂き、更にオプションとして、紅葉の中で行うヨガや、ヘアサロンLIM・ネイルサロンatelier+LIMによるヘアアレンジやネイル、プロのフォトグラファーによるモデル撮影体験、京都の和菓子店『幸福屋』による限定のかわいい和菓子とお抹茶など、様々な催しがあります。


(日程)2016年11月26日(土)10:00受付開始~15:00 
(場所)上賀茂神社
(料金) 5,000円(※うち1,500円は上賀茂神社遷宮奉賛金として奉納されます。本殿特別参拝初穂料、奉納金、お弁当代、神饌田で採れた新米を混ぜたお餅やお下がりの利き酒を含みます)
(問い合わせ)075-781-0011
http://www.feli.jp/s/pr16111502/8/

[前のページ]  6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  [次のページ]

一言コラム

van ただ今開催中の「ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展。 実家が宝飾店の友人を誘って行ったので、「この石は...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。