京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京の最新ニュース

花山天文台を竹宮惠子さんデザインのグッズで支援

漫画家の竹宮惠子・元京都精華大学長が、代表作「地球(テラ)へ…」の登場人物や背景に花山天文台や望遠鏡、太陽フレアや星雲などの画像を取り入たグッズを販売、収益は資金面で運営が難しくなっている京都大理学研究科付属花山天文台の運営に充てられます。

(場所)京大の時計台生協ショップ、総合博物館ミュージアムショップ「ミュゼップ」で販売
(料金)ファイル1枚378円。カード5枚1セット648円。ファイル6枚1セット、カード10セットから販売の申し込みも受け付けています。
(お問い合わせ)info@kwasan.kyoto
http://kwasan.kyoto/index.html
http://column.e-kyoto.net/2017/09/3277/
 

大雨による影響について(about effects of heavy rainfall)

京都府内に大雨警報,洪水警報が発表され、一部の公共交通や観光施設等に影響が出ています。
下記のサイトをご参照頂き、行先の安全をご確認の上お出かけください。

※ Choose a language at the following websites(English,中文,& other languages).
 
(京都観光Navi)
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/
 

正寿院境内にそよぐ約2千個。「風鈴まつり」

夏の花を入れた「花風鈴」、備前焼や信楽焼などで作られた47都道府県のご当地風鈴など、境内に約2千個の風鈴が吊るされ、色とりどりの短冊が風になびきます。
予約制で、「チケットぴあ」でチケットを購入するか(大雨につき、購入前に当寺ウェブサイトのお知らせをご確認ください)、拝観10日前までの必着で住所、氏名、連絡先などを書いた往復はがきを正寿院に申し込み下さい。

(日程)2018年9月18日まで
(場所)正寿院(京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149 )
(料金)前売り600円
(お問い合わせ)0774-88-3601
http://shoujuin.boo.jp/
http://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1820378&rlsCd=001

観光バス「レストランバス」予約開始

京都駅を出発し、京の精進料理「泉仙」で総料理長を務めた峪輝次さんが監修した会席料理を車中で味わいながら、京都御苑や平安神宮、清水寺、東本願寺など名所の数々を約2時間半で巡ります。
2018年1月に期間限定での試験運行で好評を得て、通年運行を開始するそうです。


(日程)予約:2018年7月4日より、運行開始:8月3日より
(場所)京都駅八条口出発
(料金)ランチコースは6800円〜、ディナーコースは8600円〜
(お問い合わせ)restaurantbus@willer.co.jp
http://sp.willer.co.jp/restaurantbus/

煎茶の祖・永谷宗円の生誕地の茶工場が観光施設に

緑茶どころとして知られる宇治田原町の茶工場を改修し、和室や多目的室、フリースペースを有する観光交流施設がオープンします。
町内の観光スポットを案内したり、茶でもてなしたり、土日を中心に体験プログラムを実施する予定です。

(日程)2018年6月30日~ ※水・木曜と年末年始は休館
(場所)宗円交遊庵やんたん(京都府宇治田原町湯屋谷)
(お問い合わせ)0774-88-6638
http://www.town.ujitawara.kyoto.jp/0000001902.html

「光秀寺」門前に約5万株。「ききょうの里」開園

 明智光秀の首塚がある谷性(こくしょう)寺(通称「光秀寺」)の門前にあり、明智家の家紋に用いられたキキョウ約5万株の他、1万5000株のあじさいやルドベキア、百合が7000平方mの広さの園に咲き乱れます。
園内の直売所では地元農家の採れたての野菜や特産品の販売も行われます。

 
(日程)2018年6月23日(土)〜7月22日(日)9:00〜17:00
(場所)「ききょうの里」(京都府亀岡市宮前町猪倉前田 宮前町猪倉谷性寺内)
(料金)中学生以上500円 ※小学生以下無料
(お問い合わせ)0771-22-0691 (9:00〜17:30)
https://kikyou-no-sato.com/

「新版画展 美しき日本の風景」

江戸時代に盛り上がり、葛飾北斎や歌川広重などによって大成された浮世絵の風景画の技術を受け継ぎ、大正から昭和初期にかけて発展した新版画。
風景というテーマで展開し、川瀬巴水と田博の作品を中心に、日本各地の四季折々の情景を豊かな色彩で捉えた作品約100点が展示されます。

(日程)2018年7月5日(木)~8月1日(水) 会期中無休、午前10時~午後8時(入館締切:閉館30分前)
(場所)美術館「えき」KYOTO
(料金)一般800円
(お問い合わせ)075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹)
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1808.html

祇園祭に向け、中御座の神輿渡御練習

 3基ある祇園祭の神輿のうちの一つ、中御座を担当する三若神輿会の輿丁(よちょう)たち約100人が、6月の日曜ごとに円山公園に集まりTシャツに地下足袋姿で練習をしています。
本番では約2・5トンの神輿を担ぐといい、「轅(ながえ)」と呼ばれる長さ約11メートル、重さ約200キロのかつぎ棒を肩に、「ホイット、ホイット」との掛け声で息を合わせています。

(日程)2018年6/24(日)13時から。※雨天中止
(場所)円山公園
(料金)見学可能
https://www.facebook.com/sanwakamikoshikai/
http://www.e-kyoto.net/saiji/194

大原女衣装の着付けを担って13年。退任記念公演と実演

 大原で大原女の衣装着付け体験事業を13年間担ってきた大原観光保勝会専務理事・早川昭子さんが、今月末で退任することになり、退任記念の講演会と着付け実演が行われます。
大原女は、かつて薪を頭に載せ市中に売りに行っていた女性で、大原では毎年春に「大原女まつり」を主催し、観光客向けの体験なども行っています。

(日程)2018年6/24(日)午後2時から
(場所)京都女子大学
(料金)参加費:500円(学生無料)。※当日先着30名
(お問い合わせ)0774-26-1889(NPO法人京都古布保存会)

東京五輪・パラ旗、7月に京都府内巡る

 2020年東京五輪・パラリンピックの五輪旗とパラリンピック旗が各都道府県を巡っており、「フラッグツアー」としては近畿では初めて京都にやって来ます。
両旗は約1カ月かけて府内全市町村の公的機関などに1~2日間置かれ、写真撮影も可能です。

(日程)2018年7/4(水)~8/1(水)
(場所)京都府庁~府北部~中部~南部~京都市
(お問い合わせ)03-5320-7769
http://flagtour.jp/
[前のページ]  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  [次のページ]

一言コラム

sinju 「由緒ある禅宗寺院が、よくここまで振り切ったものだ。」 一休禅師を開祖として創建された大徳寺真珠庵で特別公開されている襖絵...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。