京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京の最新ニュース

「KRP七本松陶器市」

「京都職人工房@京都リサーチパーク」では、今年度は60名を超える若手の伝統産業職人たちが「集い」、「作り」、「伝える」力を磨いています。
陶器以外の様々な工芸品も販売され、職人による実演やワークショップも予定されています。

(場所)京都リサーチパーク 東地区アトリウム(京都市下京区中堂寺南町134)
(日程)2018年7月27日(金)12:00〜18:00、28日(土)11:00〜17:00
(お問い合わせ)075-315-8491
http://www.krp.co.jp/sangaku/kobo/?p=241

元プロレスラーも講演「暁天講座」

早朝の涼しい時間帯の寺院を会場に、高僧や有識者、著名人が講演する京の夏の風物詩です。
今年は、元プロレスラー小橋建太さんの講演や、国際日本文化研究センター准教授・磯田道史さんによる明治150年をテーマにした講演もあります。
 
(場所)京都市内の各寺院など
(日程・料金・お問い合わせ)7月下旬から8月上旬 、無料(予約不要)※会場により異なります。
https://kanko.city.kyoto.lg.jp/feature/early_morning.php

「面白能楽館 体験三昧遊園地」

能楽堂を遊園地に見立て、能に関する様々な体験をアトラクションのように会場全体で体験します。 能面や装束を付けたり、演技や囃子を学んだり、能に登場する鬼や楊貴妃、静御前などがまるでテーマパークのキャラクターのように客席やロビーに神出鬼没で現れたりするので、鬼や亡霊に対しては、能楽師に習いみんなで大きな数珠をもんで祈り、撃退します。

(場所)京都観世会館
(日程)2018年7/28(土)13時開演
(料金)一般(中学生以上):2,000円 
(お問い合わせ)075-771-6114
http://www.kyoto-kanze.jp

「地蔵盆へおこしやす~welcome to “Jizō-bon”~」

室町時代から今も京都に根付いている子どものためのお祭り「地蔵盆」は、各町内で行われるため誰でも参加できる行事ではありません。
誰でも参加OK、出入り自由、授乳室、オムツ替えスペースもある地蔵盆が開催されます。

(場所) 天性寺 (京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町523)
(日程)2018年8月25日(土) 10:00 - 18:00
(料金)無料
(お問い合わせ)075-394-4551
https://www.facebook.com/events/469246036857742/

『夏休み!! ガラスびん×地サイダー&地ラムネ in 銭湯 2018』

風呂上がりにバリエーション豊かな26種のガラスびん地サイダー&地ラムネを購入ごとにスタンプが1つ押印され、3個で限定王冠風コラボバッジ(2個入り)と、ラムネの香りのバスクリン「きき湯」がプレゼントされます。

(場所)東京・京都・兵庫・神奈川・岐阜・愛知・三重の銭湯88カ所(京都は14カ所)
(日程)2018年7月14日(土)〜9月2日(日)
(料金)場所により異なります。
(お問い合わせ)公式サイトのお問い合わせフォーム
http://glassbottle.org/glassbottlenews/1632

祇園祭2018年の話題(随時追加します)

祇園祭特集はこちら↓
http://www.e-kyoto.net/saiji/154

祇園祭に伴う臨時交通規制についてはこちら


■2018年度の花傘巡行は「命に係わる高温注意報発令中」につき中止。
http://www.yasaka-jinja.or.jp/news/2018/07/000216.html

■役行者山が応仁の乱前の「山鉾分布図」をタペストリーに:2018年7 月 21 日(土)~23 日(月)
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20180720000019

■「六角堂・池坊 屏風祭」@いけばな資料館(池坊会館 3階):7 月 21 日(土)~23 日(月)、075-221-2686
https://www.ikenobo.jp/info/22448/

■祇園祭に合わせ、アレルギー材料除去の蛸焼き販売@NPO法人「アレルギーネットワーク京都ぴいちゃんねっと」事務所(中京区西洞院通姉小路下ル):2018年7/12までに要予約。
販売は7/14(土)午後0時半~3時半、075-252-5088
http://www.allergy-k.org/

■「千總の屏風祭」@千總ギャラリー:/6/30~8/26 10:00~18:00 水曜休館、075-211-2531 http://www.chiso.co.jp/business/#gallery

■中国人客向けにQR決済で祇園祭に寄付するシステムを開発@綾傘鉾、祇園祭ぎゃらりぃ
info@kyotogg.com(祇園祭ぎゃらりぃ)
https://www.facebook.com/ayakasahoko/

■函谷鉾がLINEスタンプ40点を制作
https://store.line.me/stickershop/product/3972556/ja

■国宝級の屏風絵(複製)を公開@くろちく百千足館2階:前期7月13日~15日、後期7月21日~23日
https://kyo-asobi.kyoto/byobumatsuriten2018

■太子山の胴掛がベトナム刺繍で243年ぶり新調:7/17
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20180609000125

「ウィキペディアタウン南山城村 魅力発掘!むら歩き」

童仙房地区と高尾地区に分かれて歩いて情報を集め、午後からは情報を整理してインターネットの参加型百科事典「ウィキペディア」に掲載します。


(日程)2018年7/22 (日)9:00~17:00
(場所)南山城村移住交流スペース やまんなか(京都府南山城村田山)集合
(料金)無料 ※パソコンをお持ちの方はご持参ください
(お問い合わせ)0743-93-0560 (南山城村むらづくり推進課 岸田まで)
https://wikipediatownminamiyamashiro02.peatix.com/

万福寺宝善院で夜の座禅。さい銭は義援金に

5月から月1回、夜に座禅を行う「夜坐(やざ)」が開かれ、22日は、参加者からのさい銭全額を大阪府北部地震や西日本豪雨の被災地へ送られます。 禅語の解説など法話も行います。


(場所)万福寺宝善院
(日程)7/22(日)午後8時~9時 ※月1回
(料金)志納。※22日のさい銭は義援金として被災地へ届けられます。
(お問い合わせ)0774-32-4683
https://www.facebook.com/hozen.obaku/

悟眞寺で円山応挙三男・木下応受の掛け軸を初公開

江戸時代の絵師・円山応挙の墓があり法要が執り行われるほか、応挙の三男で門下十哲の一人と言われる木下応受の軸「早春図」が初展示されます。

(日程)2018年7/15(日)法要:午前11時から、展示:正午~午後4時、16日(月・祝)午前10時~午後4時
(場所)悟眞寺(京都市右京区太秦東蜂岡町)
(料金)協力金500円
(お問い合わせ)075-861-1406

京都駅ビル「五山送り火観賞会」

抽選で350組 700名様がご招待されます。

(日程)応募期間:2018年7月7日(土)~17日(火)、開催日:2018年8月16日(木)19:30~20:30(予定)
(場所)京都駅ビル空中径路・大空広場 
※当日の観賞エリアには鑑賞券をお持ちの方のみのご来場となります。
https://www.kyoto-station-building.co.jp/gozan/
[前のページ]  4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  [次のページ]

一言コラム

sinju 「由緒ある禅宗寺院が、よくここまで振り切ったものだ。」 一休禅師を開祖として創建された大徳寺真珠庵で特別公開されている襖絵...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。