京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京の最新ニュース

大西常商店が扇骨を活用したルームフレグランス開発。資金も募る

京扇子製造卸の大西常商店が、香料が染み込みやすい竹の扇骨を活用した室内用芳香商品を開発し、扇骨職人の育成にも繋げるべくインターネット上で資金を集めるクラウドファンディングも開始しました。
「扇ルームフレグランスかざ」という商品名で、清水焼の容器に白檀や桜などの香料を入れ、柄を施した10本の扇骨を差し込むと竹の繊維が香料を吸い込み、芳香を漂わせます。

(日程)2018年9月7日まで
(料金)支援金として7千円を拠出すると、1個8640円の新商品が贈られます
(お問い合わせ)075-351-1156
https://camp-fire.jp/projects/65931/preview?token=1yo9gafa

御香宮神社で「近江猿楽多賀座」25周年記念公演

猿楽は、能と狂言で構成される現代の能楽の古称で、600年前に滋賀県多賀町の一座が猿楽を披露した記録が残る御香宮神社で記念公演を行います。
当日は、神社の能舞台で大小の獅子が躍動的に駆け回る「獅子舞」など6演目を披露します。

(日程)2018年8/19(日)午前11時開演。小雨決行。
(場所)御香宮神社
(料金)無料
(お問い合わせ)075-611-0559
http://www.tagaza.com/modules/tinyd0/

「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」

 糺の森の参道を光のアート空間にする作品「呼応する、たちつづけるものたちと森 – 下鴨神社 糺の森」と、下鴨神社の楼門の中の空間に「呼応する球体 – 下鴨神社 糺の森」が展示され、境内がライトアップされます。
楼門の中の空間に漂う光の球体は、人や物に触れたりして衝撃を受けると光の色を変化させ、色特有の音色が鳴り響き、周りの球体も連続的に呼応するように同じ光の色に変化し音色を響かせます。

(日程)2018年8月17日(金)~9月2日(日)18:30~22:00(最終入場21:30)
(場所)下鴨神社 糺の森
(料金)平日1,000円 、土日1,200円、
※小学生以下無料、20歳以上の保護者同伴が必要。
※8月17日(金)~19日(日)3日間のみ使用可能な限定前売ペア券 1,200円(2名1組。数量限定)
(お問い合わせ)075-781-0010
https://www.teamlab.art/jp/e/shimogamo-lightfestival2018/

まだある!京都の夏イベント

■「夏まつり」「八条ケ池夏灯籠」@長岡天満宮:2018年8/25(土)、075-951-4500
http://www.nagaokakyo-kankou.jp/html/event/e_illumination.html#hachijyoutourou
http://www.nagaokatenmangu.or.jp/event/event7_8.html

■「下京・京都駅前サマーフェスタ2018」@西本願寺エリア、東本願寺エリア、京都駅ビル駅前広場、梅小路エリア:8/25(土)、075-371-7164
前日の8/24は「京都 食とアートのマーケット」を東本願寺にて開催
https://www.kyoto-station-building.co.jp/lp/summer_festa2018/
http://www.city.kyoto.lg.jp/shimogyo/page/0000239747.html
 
■京都にApple直営店。オープニングイベントを毎日開催@Apple 京都:8/25(土)10時~、075-757-8700
https://www.apple.com/jp/retail/kyoto/

■「電子音楽の夕べ」@ 法然院:8/25(土) 18:00-20:30 、前売:¥4,000、御茶券:¥1,000
http://www.ryoondo-tea.jp/event/event.html
 
■「先斗町ザ・プレミアム・モルツ ビアホールin歌舞練場」@先斗町歌舞練場:8月12日(日)~8月26日(日)
第1部 17:00~18:30、・第2部 19:00~20:30、5,000円(税込。芸舞妓さんのをどり鑑賞、飲み放題・仕出し・おつまみ・神泡体感キットおみやげ付。)
中学生以下無料、090-4292-6629 
https://www.suntory.co.jp/area/kinki/d/8968/

「京都タワーVRバンジー~京のおばんじぃ はんなりジャンプ~」

100mの展望室よりも更に高い120.9mに位置する最頂部の点検スペースが会場です。
絶景パノラマビューを一望した後、VR(バーチャル・リアリティ)を装着して、急スピードでの落下を疑似体験できます。

(日程)2018年10月5日(金)〜12月24日(月・祝)12:00〜21:00(最終入場20:40)
(場所)京都タワー
(料金)700円(未就学児参加不可)
(お問い合わせ)075-361-3215
https://vr-bungee.com/

チンチン電車補修へ寄付募集。運転体験、見学会は先着順!

京都市が1918年に京都電気鉄道から譲り受け、市電として京都駅前~北野間を運行、61年に廃車となるも94年に復活し、現在は梅小路公園内の専用軌道を走っているチンチン電車を補修するための寄付金を募集しています。

(日程)2018年9月30日(日)まで
(料金・お問い合わせ)
10万円以上の寄付の申込み:運転体験(先着10名)か、補修の見学(11月9日。5回実施で各回先着10名)ができる権利が付与されます。075-661-3755(京都いつでもコール)
5万円以上10万円未満:市電のレールを使った文鎮とクリアファイル。1万円以上5万円未満:クリアファイル。075-741-8600(京都市みどり政策推進室)
事前予約制※当日券販売予定あり。
1部:2,000円(1ドリンク込み)、3部通し:4,000円(1ドリンク込み)※小学生以下半額
※妖怪に扮装してご参加の方は500円割引

「嵐電妖怪電車」と「嵐山魍魎怪談会」

 毎年お盆の時期に運行している「嵐電妖怪電車」は、車内を妖怪の棲家のように装飾し、妖怪姿に扮装し、嵐電スタッフに「妖怪」と認められた方は、「妖怪運賃」で乗車できます。
嵐山駅はんなり・ほっこりスクエアでは恒例の妖怪商品の販売のほか、人気怪談師による怪談会も開催します。
(日程・場所)妖怪電車:8月11日(土)~15日(水)1日5本運行。大人220円 小児110円、 特別運賃妖怪50円
怪談会:8月11日(土・祝)11時~ ※3部制・各回約40名
@ファーストキャビン京都嵐山 3Fラウンジ(嵐山駅はんなり・ほっこりスクエア内)
(お問い合わせ)075-801-2511(京福電気鉄道株式会社)
http://randen.keifuku.co.jp/randen_news/detail.php?id=57
http://www.kyotoarashiyama.jp/archives/2765

京大吉田寮の歴史を知る見学会

木造寄宿舎「吉田寮」旧棟の老朽化対策として、大学側が寮生9月末までの退寮を求められており、寮の将来を危ぶむ寮生有志が、旧棟を市民に開かれた場所として保全活用するアイデアを募っています。
「再生デザイン部門」として築105年の吉田寮建築の再生デザイン提案作品と、「継承プログラム部門」として建築の枠にとらわれない自由な発想やアイデア、表現作品を募ります。


(日程)見学会:2018年8月4日(土)、5日(日)、11日(土)、18日(土)、25日(土)
応募締め切り:9月13日(木)17時
(場所)京都大学吉田寮
(お問い合わせ)yoshidaryo100nen@gmail.com
http://yoshidaryo100nen.deci.jp/2018/

香の老舗・松栄堂が香り体験施設を開設

香老舗の松栄堂が、薬問屋の中川安が1959年に建設したビルを改修し、貴重な天然香料を嗅いだり、香の製造過程を学んだりできる施設を開設しました。
2階は茶道や香道の体験などのイベントを催すための20席分の椅子とテーブルを備え、年内オープン予定の美術品などの展示室もあり、5階は講演やイベントなどの交流の場として活用します。
 
(日程)体験施設:午前10時~午後5時、不定休
(場所)薫習(くんじゅう)館(京都市中京区烏丸通二条上ル東側、松栄堂京都本店の隣接地)
(料金)無料
(お問い合わせ)075-212-5590
http://www.kunjyukan.jp/

オリジナルビール登場!「スマイルサタデー クラフトビール夜市」

15時から商店街の中心部が歩行者天国になり、関西を中心とした13醸造所が出店、煎茶エキスが入ったオリジナルビール「土曜日の宴」の樽詰め70リットル分が販売されます。
食のブースや子ども向けイベント、路上ライブなどもあり、家族で楽しめるイベントです。

(日程)2018年8月4日(土)16時~22時
(場所)宇治橋通り商店街
(お問い合わせ)0774-21-2285
http://www.ujibashi.jp/
[前のページ]  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [次のページ]

一言コラム

kun 茶席や飲食店、旅館等に足を踏み入れた瞬間に深い香りに包まれると、別世界に入ったような、あるいは大切にもてなされているような気分...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。