京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京の最新ニュース

6度目の開催。「木津川アート」

京都府の南端にある木津川市で、2010年から開催されてきた地域アートイベントで、この地域の公園や公民館、小学校の講堂、神社、倉庫、民家などを舞台に、30組のアーティストが展示やパフォーマンスを展開します。
会場の「瓶原地域」へはJR加茂駅からシャトルバス(無料)やコミュニティバス(有料・平日のみ)が発着しており、自動車での来場の際は、国道163号線沿いの専用駐車場(無料)が利用できます。

(日程)2018年11月3日(祝・土)~18日(日)10:00~16:00 ※会期中無休 
(場所)恭仁宮大極殿跡、恭仁宮跡(山城国分寺跡)、恭仁小学校講堂、恭仁神社など20カ所(京都府木津川市加茂町瓶原地域)
(料金)入場無料
(お問い合わせ)0774-73-8191(木津川アートプロジェクト事務局)
http://www.kizugawa-art.com/

混雑度の予測サイト「嵐山快適観光ナビ」

訪日外国人観光客の急増に伴う地域への影響を抑えるための国の実証実験として、紅葉シーズンの嵐山地域の混雑度の予測結果をウェブサイトで表し、訪問の時間や場所の分散化に重点的に取り組みます。
利用者は混雑度を踏まえて、人気名所を比較的空いた時間帯に観光でき、人気名所が混んでいる時間帯は、「ご朱印巡り」「フォトジェニックな嵐山の旅」など8テーマで周辺の観光地を巡るコースを案内してもらえます。

(日程)2018年11月10日(土)~12月17日(月)
(場所)嵐山地域
(お問い合わせ)075-746-2255
https://arashiyama.fun

高台寺で豊臣家ゆかり刀剣、木下勝俊のなぎなたを公開

当美術館としては珍しく公開されるなぎなたの大小2振りは高台寺に伝わり、豊臣秀吉の正室・北政所の甥で武将の木下勝俊が使用したといわれています。
うち1振りは反りの小さい静形(しずかた)と呼ばれ実戦に使われたとみられる矢傷が残り、もう片方は北政所の死後に同寺に寄進されたもので、いずれも秀吉の二百五十回忌が営まれた「弘化五年」の年号の書かれた漆塗りの箱に収められていました。

(日程)第1期:2018年10月19日(金) ~ 2018年12月16日(日)、
第2期:2019年 1 月 1 日(火) 〜 2019年 5 月 6 日(月)
(場所)高台寺・掌美術館
(料金)大人300円
2ヵ所共通拝観券(高台寺・高台寺掌美術館):大人600円・中高生250円
3ヵ所共通割引拝観券(高台寺・高台寺掌美術館・圓徳院):900円
(お問い合わせ)075-561-1414 
http://www.kodaiji.com/museum/

「南座発祥400年 南座新開場祇園お練り」

約3年の耐震改修を終え、11月1日の顔見世初日で新開場する南座前から、歌舞伎史上最大規模の「お練り」が催行されます。
八坂神社石段下までの四条通り400メートルを総勢約70人の役者が紋付きはかま姿で3~4人ずつ並んで歩く予定で、参加する役者は現在最終調整中ですが、最年少では、中村勘九郎の5歳の次男・長三郎らも歩く予定だそうです。

(日程)2018年10/27(土)午後2時半~午後3時半
(場所)南座前~八坂神社石段下
(当日午後1時半~4時半は車両通行止めの予定で、路線バスは迂回)雨天決行。
(お問い合わせ)075-561-1155
https://www.kabuki-bito.jp/news/5028

建勲神社で信長の愛刀「薬研藤四郎」再現。初公開へ

織田信長を祀る建勲神社で、織田信長が本能寺の変で倒れるまで常に持ち歩いた短刀と伝えられる「薬研藤四郎(やげんとうしろう)」。
この絵図を元に、刀匠の藤安将平さんが再現し今年同神社へ奉納された短刀が一般公開されます。

(日程)~2018年10月28日(日)9~17時
(場所)建勲神社
(お問い合わせ)075-451-0170 
http://kenkun-jinja.org/

「観〇光ART EXPO 2018 京都・鎌倉 最終章「結」~musubi~」

「観○光(かんひかり)ART EXPO 」も今年で7回目を迎え、28名の現代アート作品と泉涌寺の歴史的建造物とのコラボレーションによる新旧アートが楽しめます。
日本で育まれてきた文化芸術の継承、創生、発展を目的とし、新たな価値観による文化芸術の共有と持続的な発信を目指す博覧会です。

 
(日程)2018年10月16日(火)〜28日(日)9:00〜17:00
(場所)泉涌寺
(料金)入場無料(別途拝観料が必要)
(お問い合わせ)075-812-1078 
http://kanhikari.com/

「京都新世代いけばな展2018 華と菓~KA TO KA~」

華道27流派より若手華道家66人が出品する展覧会を開催し、今回は和菓子とのコラボレーション展が企画されています。
関連イベントとして、「EVENT トーク&デモンストレーション「華と菓のはなし」 」や「いけばな体験(参加無料) 」も予定されています。

(日程)2018年11月1日(木)~6日(火)
(場所)大丸ミュージアム 京都
(料金)500円。大学生以下:無料。外国人はパスポート提示で無料
(お問い合わせ)075-411-5000(京都府庁 府民総合案内・相談センター)
https://www.daimaru.co.jp/museum/kyoto/kyoto_ikebana2018/

山国隊が101年ぶりに時代祭に参加。奉納演奏へ

戊辰戦争で幕府軍と戦った「山国隊」の姿を再現する山国隊軍楽保存会が、隊結成150年の節目として今年の時代祭に101年ぶりに参加、行列出発前に斎行される「行在所祭」で鼓笛の奉納演奏をします。
山国隊列は、第1回時代祭から参加し、1917(大正6)年まで行列の先導を務めてきましたが、財政的な理由等で不参加となり、その後は壬生の維新勤王隊が先導していました。

(日程)2018年10/22(月)10時半~
(場所)京都御苑の建礼門前
(お問い合わせ)075-761-0221 

観光して復興支援。台風被害地のイベント

●「高雄もみじちゃん祭り」@神護寺:2018年10月21日(日)11時~※雨天中止、075-871-1005(高雄保勝会)
当日は高雄バス停と栂の尾バス停から会場までの送迎バスが運航されます。
https://www.kyo-takao.com/event/
http://www.e-kyoto.net/special/143
 
●「竹の径・かぐやの夕べ」@向日市「竹の径」:2018年10月20日(土)・21日(日)17時半~、※小雨実施、荒天中止、075-963-6504
無料シャトルバスも運行されます。
https://www.muko-kankou.jp/recommend/detail.html?id=6


●「サクラサク コンサート」@平野神社:毎月25日11:00~11:45、075-461-4450
平野神社では、かねて岩手県大槌町の蓬萊島の再生支援のための「ワンコインコンサート」も毎月開催しています。
http://www.hiranojinja.com/charityconcert

非公開寺院・宥清寺で「一条妖怪酒場」

大将軍商店街にて年に一度の大妖怪イベント、妖怪仮装行列「一条百鬼夜行」と「妖怪アートフリマ モノノケ市」が行われるのに合わせ、夜中の寺に妖怪にちなんだカクテルや日本酒、西陣の老舗料亭の弁当を広げ、宴席を楽しみます。
京都は夜に楽しめる場所が少ないため、ここを屋台村のような場とするべく定期開催を目指します。

日程)2018年10月20日(土)午後6時から。
(場所)宥清寺
(料金)参加費4千円(仮装者は3500円)定員60人、完全予約制。
(お問い合わせ)075-351-9915
http://kyoto-taisyogun.com/2018/ichijo-yokai-bar/
[前のページ]  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [次のページ]

一言コラム

sinju 「由緒ある禅宗寺院が、よくここまで振り切ったものだ。」 一休禅師を開祖として創建された大徳寺真珠庵で特別公開されている襖絵...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。