京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京の最新ニュース

京都みなみ会館、斜め前の地で再オープンへ NEW!!

2018年3月末に閉館した京都のミニシアター「京都みなみ会館」が、九条通を挟んで北東側の建物に来年夏に移転再開します。 
2階建ての新館では1スクリーンから3スクリーンとなり、新旧の映画に対応できるようデジタルとフィルムのどちらにも上映可能に、オールナイト上映や特集上映も引き続き企画していくそうです。

(日程)2019年夏~
(場所)京都みなみ会館
(お問い合わせ)075-661-3993
https://kyoto-minamikaikan.jp/

「祝!京都中央市場誕生アニバーサリー」 NEW!!

京都市中央市場は、昭和2年に全国初の中央卸売市場として開設しました。
期間中、本市場の歴史展や、JA糸島(福岡県)のイチゴ“あまおう”を使ったクリスマスパンケーキ作り、限定オリジナルスイーツ販売、プロから学ぶ旬の魚のさばき方と食べ比べなどが実施され、またスタンプラリーや大抽選会など、豪華商品が当たるチャンスもあります。

(日程)メインイベント:2018年12月8日(土)・9日(日)8:30〜17:00
アニバーサリーウィーク:2018年12月1日(土)〜11日(火)
(場所)京の食文化ミュージアム・あじわい館
(料金)入場無料 ※一部コーナーやイベントへの参加、商品の購入は有料
(お問い合わせ)075-321-8680(8:30〜17:00 ※水曜休み)
https://www.kyo-ajiwaikan.com/

秋元康さん総合プロデュース「京都SUSHI劇場」 NEW!!

485平方メートル226席で、専属チーム2組が交代で公演します。 
当面は「寿司は別腹」との題で、主に訪日外国人を対象とした忍者ショーやダンスを交えた約80分間の公演を行います。

(日程)2018年11/19~。火、木、土曜が午後5時~、水、金、日曜は正午~。月曜休館
(場所)京都SUSHI劇場(平安神宮境内商業施設「京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)」2階)
(料金)8640円(全席自由席)
 (お問い合わせ)info@sushi-theater.kyoto
http://sushi-theater.kyoto/

京の寺院やクラブに世界の鬼才が結集『MAZEUM -メイジアム-』

国内外から最先端音楽の鬼才たちが京都の寺院やクラブへと一同に会し、テクノ、ベースミュージック、ノイズ/インダストリアル、ジャズ、ヒップホップ、オルタナティヴロック、ワールド、ミニマル、ドローンなどの音楽とアートの祭典です。

(日程)2018年11月30日(金)・12月1日(土)
(場所)11/30@法然院、METRO 12/1@極楽寺、UrBANGUILD、誓願寺、Octave
(料金)3000円~9000円
http://mazeum.jp/

秋の特別拝観・追加情報

 ■初めての秋の境内ライトアップ@岩船寺(京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43):2018年11/24(土)午後5時半から8時半
重要文化財の三重塔等を照らし、午後6時40分からは心願成就の特別祈願法要を営み、7時からはクラシック音楽のコンサートも開くほか、JR木津駅から無料シャトルバスが30分間隔で運行します。0774-75-1216(木津川市観光商工課)。
http://gansenji.or.jp/
 
■日本庭園「水景園」で、夜間特別公開「紅葉ライトアップ」@けいはんな記念公園内(京都府相楽郡精華町精華台6-1):11月3日(土・祝)〜11月25日(日)の金・土・日・祝、日没から午後9時。0774-93-1200
約2ヘクタールの水景園内の「紅葉谷」にはイロハモミジを中心に約170本のモミジがあります。
https://keihanna-park.net/events/
 
■鳳凰閣の公開:11/23(金・祝)~/28(水)@栖賢寺(せいけんじ。京都市左京区上高野水車町20)、seikenji.kyoto@gmail.com
約3千平方メートルの広大な境内の中で昭和初期に造られた2階建ての楼閣を会場に、左京区在住のアーティスト「TAKEVERA」(タケベラ)さんの日本画を展示、台風被害からの復興のための寄進も募っています。
https://www.seikenji.org/
 
■大御堂観音寺のライトアップ@(京都府京田辺市普賢寺下大門13):11月22日(木)から12月2日(日)、0774-68-2810
今年はJR東海が京田辺市内の酬恩庵一休寺を秋のキャンペーンに取り上げていることから、会期を例年より延長しています。
http://kyotana.be/free/lightup2018/

音楽フェス「一乗寺the Day of Pleasure」

「ラーメン街道」や書店「恵文社」なそ、京都市内屈指のコアな地域「一乗寺」界隈の焼肉屋、美容室、カフェ等を会場にした「サーキット型」の音楽フェスで、今年で4年目の開催を迎え、世代やジャンルを越えたさまざまな「音楽」と、こだわりのお店が集まった「街」の魅力を味わうイベントです。
お子様づれでも楽しく音楽と触れることができる企画や、軒先で突然始まる!?「軒先ピアノ」演奏なども今年初めて実施、毎年好評の飲食提供には「一乗寺ブリュワリー」「西冨家コロッケ店」「スパイスカレー ヤグラ」「ラーメン二郎 京都店」などの有名店も協力しています。

(日程)2018年12月2日(日)12:00-20:00※雨天決行
(場所)京都市左京区一乗寺界隈
(料金)[全会場入場券 1DAY PASS]
一般前売 4,000円/U-23・Tourist 2,500円 / 中学高校生 1,000円
(小学生以下無料・乳幼児来場可)
※当日は全て+1,000円(中学高校生は前売/当日共に1,000円)
 (お問い合わせ)thedayofpleasure@gmail.com
https://www.ichijyoji.net/dop2018-menu

「清川あさみ『千年後の百人一首』原画展~糸で紡ぐ、歌人のこころ」

「美女採集」など、写真に刺繍を施す手法で知られ清川あさみさんと、詩人最果タヒさんの作品を組み合わせた本『千年後の百人一首』。
原画を百首を糸や布、ビーズなどで繊細かつ現代的に表現し、また会場では女優・南果歩さんによる最果さんの作品の朗読が流れます。

(日程)2018年11月21日(水)〜12月10日(月)
(場所)
●両足院 建仁寺山内 10:00〜17:00(最終入場/16:30)
●グランマーブル祇園 11:00〜20:00
●カフェ&シャンパーニュ祇園ちから(グランマーブル祇園 2F) 11:00〜19:30(LO/19:00)
(料金)両足院会場:一般1000円、大学・中高生800円、小学生以下無料
グランマーブル祇園・祇園ちから会場:入場無料 ※祇園ちからへはカフェ利用が必要
 (お問い合わせ)03-3401-1042(リトルモア) 
http://www.asamikiyokawa.com/sennengo/

台風被害の大原野神社で紅葉夜間特別ライトアップ「光と水」

今年9月の台風21号による被害からの復興を目的として、崇敬者のグループによって初の紅葉ライトアップが開催され、照明設置代や電気代など必要経費を賄うためのクラウドファンディングを17日まで実施中です。
新古今和歌集にも大原野神社の紅葉を詠んだ歌が残っていますが、被害が出たのは本殿東側にある神饌所で、南側にある樹齢約450年のモミの木が倒れて直撃しました。

(日程)ライトアップ:2018年11月17日(土)〜25日(日)午後5時〜9時、イベント「光と水」:11月17日(土)・18日(日) 
(場所)大原野神社
(料金)600円(小学生以下無料)
(お問い合わせ)contact@event-oharanojinja.com
https://camp-fire.jp/projects/view/97494
https://www.event-oharanojinja.com/

770年余代々伝わる寺宝を初公開「秋の新善光寺展」

2017年9月より始まった大方丈の屋根葺き替え工事が終了し、本堂・大方丈にて770年余り代々伝わる皇室の御遺品や寺宝である掛け軸等が初公開されます。
本尊は信州信濃善光寺本尊と同体の全銅阿弥陀如来立像で、後嵯峨天皇が常に宮中に安置されていたものです。

(日程)2018年11月17日(土)〜12月1日(土)10:00〜16:00
(場所)泉涌寺塔頭新善光寺
公開講座「新善光寺の歴史と文化」:11月17日(土)・23日(金)14:00~14:30(先着20名、無料)
(料金)拝観料:500円、拝観料+お抹茶と和菓子:1000円( ※11月23日(金)〜25日(日)の3日間限定 )
(お問い合わせ)075-561-5109 
http://www.mitera.org/sannai/?id=15

「秋の紅葉特別夜間公開 トワイライト庭園パーティー」

ライトアップされた名勝庭園を庭園コンシェルジュの解説を聞きながら、バーカウンターでは酒類も楽しめます。
(日程)2018年11⽉22⽇(木)~24日(土)18:30〜21:00(受付終了20:30)
(場所)無鄰菴
(料金)800円(ドリンク別)
(お問い合わせ)075-771-3909
https://murin-an.jp/events/event-20181122-1124/
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [次のページ]

一言コラム

sinju 「由緒ある禅宗寺院が、よくここまで振り切ったものだ。」 一休禅師を開祖として創建された大徳寺真珠庵で特別公開されている襖絵...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。