京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京の最新ニュース

台風21号による影響について(The latest information about typhoon 21 in Kyoto)

 台風21号による影響については、各施設の公式ホームページ等でご確認ください。

■観光(Tourist information)
京都観光上ル下ル《京都市観光協会Facebook》
https://www.facebook.com/kyokanko/
 
■鉄道・バス(Railway,bus)
JR西日本
JR東海
阪急電鉄(阪急)
近畿日本鉄道(近鉄)
京阪電気鉄道(京阪)
京阪バス
京都市交通局(地下鉄・バス)
叡山電鉄
京福電気鉄道

■航空(Aviation)

連休の京都 イベント情報 NEW!!

 ■宇治市源氏物語ミュージアムがリニューアルオープン:2018年9月14日~、0774-39-9300
http://www.city.uji.kyoto.jp/0000019036.html
 
■「松本大洋 原画展とライブペインティングを少々」@TOBICHI(とびち)京都(京都市下京区河原町通り四条下ル市之町251-2 壽ビルデイング5階):9月7日(金)〜25日(火)12:00〜19:00
ライブペインティング(チケットが必要です):9月15日(土)・16日(日)14:00〜16:00、080-8457-1101 
https://www.1101.com/tobichi_kyoto/event.html?id=345939
 
■着物ファッション@平安神宮応天門:2018年9月15日(土)19:00〜19:40。※雨天の場合は9月17日(月・祝)に順延。080-5126-9702
http://kyotokimonokikaku.wixsite.com/kimokika

■「茂山狂言会 秋〜まだまだ若いもんには負けません〜」@金剛能楽堂:9月16日(日)14:00~、075-221-8371
http://kyotokyogen.com/schedule/

■「KAPPAN 縁日」:@:9月16日(日)11:00〜19:00、075-841-3432(有限会社 修美社)
https://www.facebook.com/events/312599849514865/

■「ツクル森-アート・クラフト・世界の音楽会-」@あうる京北(京都府立ゼミナールハウス。京都市右京区京北下中町鳥谷2):9月23日(日)・24日(月・祝)、075-854-0216 
https://www.tsukurumori.com/
 
■「宙(そら)フェス」@法輪寺:9月23日(日)・24日(月・祝)11:00〜20:00、sorafes.info@gmail.com
http://sorafes.com/

文化庁創立50周年「SAKE Spring 発酵ワンダーランド」 NEW!!

2021年度中の京都移転を予定している文化庁は、創立50周年を迎えて「発酵食」をテーマに日本酒や漬物などを提供する記念イベントを催します。
また、30日は文化庁創立50周年と来年9月の国際博物館会議京都開催を記念して、二条城や文化博物館、舞鶴引揚記念館(舞鶴市)、京都府立山城郷土資料館(木津川市)など計29施設を無料開放します。
(日程)2018年9/29(土)・30(日) 各11:00-18:00。※見学自由、雨天決行
(場所)国立京都国際会館
(料金)チケット(4種類):2.000円~12,800円
(お問い合わせ)075-351-9915(事務局 株式会社のぞみ。平日10時~18時 ※土日祝休) 
http://sakesp.com/kyoto/
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000241909.html

『集う京都20世紀 ホテル・百貨店・四条通の絵葉書』発刊記念展覧会

明治から終戦直後までの京都市内の百貨店や新京極の劇場街などの古写真と絵はがき約250点を集めた本「集う京都20世紀 ホテル・百貨店・四条通の絵葉書」が出版記念の展覧会です。
京都の古写真や絵はがきの収集家から成る京都絵葉書研究会は、2016年に鉄道や駅の写真などを集めた本も出しており、今回は第2弾になります。

(日程)2018年9月1日(土)〜9月8日(土)11:00〜18:00 (土・日は10:00〜)
(場所)便利堂コロタイプギャラリー(新町通竹屋町下ル弁天町302)
(料金)入場無料。本は1620円(A4判、81ページ)
(お問い合わせ)075- 231-4351
https://www.facebook.com/benrido.collotype.gallery/

京都にミッキーマウス現る。「京都岡崎ハレ舞台」

京都随一の祝祭空間である岡崎エリアを舞台に、「京都岡崎レッドカーペット」、「岡崎ときあかり」、「京都国際マンガ・アニメフェア」に加えて、「京都岡崎ハレ舞台スペシャルパレード」が実施されます。
スペシャルパレードでは、開園35周年を迎える「東京ディズニーリゾート」から、全国を巡る「東京ディズニーリゾート®35周年スペシャルパレード」の一環として、ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちも参加します。

(日程)2018年9月15日(土)・16日(日)
(場所)岡崎エリア一帯
(お問い合わせ)075-222-4178
http://www.kyoto-okazaki.jp/news/582

「京都レトロモダン2018 in nagaokakyo」

浴衣を着て昼間はガイドを片手に長岡京の街歩き、夜はデジタルアートを駆使した幻想的な空間イベントを楽しみ、盆踊りやファッションショーな盛りだくさんです。
「レトロモダンスタイル」とは、着物や浴衣を手持ちのスカートやトップス・スニーカーなどと合わせてオリジナルの着こなしを楽しむスタイルです。

(日程)2018年9月7日(金)~9月15日(土)
(場所)長岡京市(長岡天満宮、バンビオ前広場、ロングヒル等)
(お問い合わせ)075-955-9515 
http://onekyoto.jp/

ミナミアメリカオットセイの赤ちゃん誕生と「オオサンフェス9.9」

京都水族館に、7月9日にミナミアメリカオットセイの赤ちゃんが誕生し、記念イベント『ハッピーオットセイ』が開催されます。
また、今年認定された「9月9日=オオサンショウウオの日」を記念したイベント『オオサンフェス9.9』では、催しの一つとして、「ニコニコ生放送」にて、、同館内の「京の川」エリアで生活するオオサンショウウオの様子を、99時間にわたって生中継します。


(日程)『ハッピーオットセイ』:2018年9月1日(土)〜10月3日(水)お目見えタイム:10〜12時
オオサンショウウオ生中継:9月5日(水)の16時から99時間
(場所)京都水族館
(料金)大人:2,050円、大学・高校生:1,550円、中・小学生:1,000円、幼児(3歳以上)600円
(お問い合わせ)075-354-3130(10時~18時)
http://www.kyoto-aquarium.com/

「京都の御大礼-即位礼・大嘗祭と宮廷文化のみやび」

平成30年は明治満150年を迎え、また今上陛下の御代替りも来年に迫りました。
平安時代以来、京都で磨きあげられた宮廷文化の精粋「御大礼」の、特に江戸時代以降の様子を伝える貴重な史料、絵図、屛風、絵巻等、また即位礼や大嘗祭の建築や儀礼の様子を表わす復元模型や装束などを数多く出陳し、その全貌に迫ります。

(日程・場所・料金)細見美術館(2018年9月1日~10月8日)一般1,000円、
京都市美術館別館(9月1日~9月15日)無料
みやこめっせ(9月19日~9月27日)無料
(お問い合わせ)075-351-1137(株式会社 茫内実行委員会事務局)
https://kyoto-gotairei.com/

「KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018」

第3回目を迎え、今回は「POPと挑戦」をテーマに、北野天満宮の神宝と現代アーティストの個展を軸に開催します。
メイン企画として、現代美術家3人とアイドルグループ・乃木坂46がコラボレーションし、また、「北野天満宮」宝物殿の刀剣展とオンラインゲーム『刀剣乱舞ーONLINEー』との共同企画も実現しました。

(日程)2018年10月6日(土)~12月2日(日)
(場所)北野天満宮 文道会館
(料金)前売もみじ苑付き2400円、アート展のみ1600円(子供各1300円、900円)
当日もみじ苑付き2600円、アート展のみ1800円(子供各1500円、1100円)
(お問い合わせ)info@knfes.com
http://www.kyotonippon.com

渉成園(枳殻邸)が20年ぶりに夜間参観

江戸初期に詩人・石川丈山造られた池泉回遊式の庭園とされ、儒学者・頼山陽や国学者・賀茂季鷹らも訪れたといい、通常は昼のみの開園です。
「下京・京都駅前サマーフェスタ」の一環として、東本願寺でも24日夜に国内最大級の御影堂門のライトアップも実施されます。

(日程)2018年8月24日(金)・25日(土)18:00~21:00(最終受付20:30)
(場所)渉成園(枳殻邸)
(料金)庭園維持寄付金500円以上
(お問い合わせ)075-371-9210
http://www.higashihonganji.or.jp/news/info/25549/
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [次のページ]

一言コラム

suzume 浴衣の舞妓さんの後ろ姿を眺めながら、「あじき路地」へと向かいました。 築100年超えとされる町家長屋の各部屋に若手作家が...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。