京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京の最新ニュース

生活の灯りで町家を自らライトアップ。「都ライト」

「建物としての町家だけでなく、そこにまつわる暮らしや文化も守りたい」との想いのもと、町家の内から外の通りに向けて光を照らし、家々の格子から漏れ出す「暮らしの灯り」を表現したライトアップイベントです。
地域住民の方々にも協力して頂き、まちの特色を活かした併設イベントも行っており、今年はメイン企画として地域ツアーや、使われていない着物を再活用した来場者の方への着付け体験が企画されています。


(日程)2018年11月9日(金)~11日(日)点灯時間:17:00~21:00(最終日は20:30まで)
(場所)京都市上京区内、浄福寺通大黒町、上七軒通、上京区の町家
(料金)無料(体験型のイベントなどは一部有料)
(お問い合わせ)075-431-6469  

京北で紅葉が見頃「もみじ遊山」 NEW!!

例年より1週間ほど早く敷地内の約200本のモミジが色付き、見頃を迎えています。
アイヌ音楽やリコーダーによる中世ルネサンスの古楽などの演奏や西の鯖街道うまいもん市が開かれます。

(日程)2018年11/10(土)10時~15時半
(場所)「あうる京北」(京都府立ゼミナールハウス。京都市右京区京北下中町鳥谷2)
(お問い合わせ)075-854-0216
http://kyosemi.or.jp/

「フランス国立ギメ東洋美術館 「明治」写真コレクション展」 NEW!!

京都を舞台とした国際的な写真祭KYOTOGRAPHIEの秋季特別展として、「日本が動いたとき-近代黎明期の京都-」と題して、明治維新の激動を経た京都が、近代に再生していく様子を写した写真の数々を紹介します。
また、二条城・平安神宮・蹴上インクラインにおいてもパネル展示を同時開催します。

(日程)2018年11月1日(木)~12月2日(日)※11月26日は休み
二条城・蹴上インクライン・平安神宮での野外展示:~12月20日(木)
(場所)虎屋 京都ギャラリー
(料金)入場無料
(お問い合わせ)075-431-4736
https://www.kyotographie.jp/guimet/

「秋の紅葉特別夜間公開 トワイライト庭園パーティー」 NEW!!

ライトアップされた名勝庭園を庭園コンシェルジュの解説を聞きながら、バーカウンターでは酒類も楽しめます。
(日程)2018年11⽉22⽇(木)~24日(土)18:30〜21:00(受付終了20:30)
(場所)無鄰菴
(料金)800円(ドリンク別)
(お問い合わせ)075-771-3909
https://murin-an.jp/events/event-20181122-1124/

「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです」 NEW!!

将来の伴侶と出会った際に自己紹介したちひろの言葉をタイトルに掲げ、「絵描き」としてのちひろの技術や作品の背景を振り返る展覧会です。
ちひろの残した言葉をテーマに4章構成で、資料を交えた約200点の展示品を通じて作品の細部に迫り、童画家としてのちひろイメージの刷新を試みます。

(日程)2018年11月16日(金)~12月25日(火)会期中無休
(場所)美術館「えき」KYOTO
(料金)一般:900円
(お問い合わせ)075-352-1111 
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1812.html

「秋の京都 洛中のくらし」

<イベントスケジュール>
11時~:お琴の演奏
11時半~:昼食“蕎麦と肴 周知”のお弁当(予約制)
14時~:コーヒーまたはお煎茶&ケーキセット
その他、"masumi no sando"の店頭販売、2階では映画『SAYURI』で使用された衣装"YUYAコレクション"の展示、店内では各種和装小物の販売も行われています。

(日程)2018年11/3(祝・土)11~16時
(場所)「京町家 粋 - iki -」(京都市中京区新町通六角下る六角町368-1)
(お問い合わせ)075-231-0111(8:00~18:00 木曜定休)
https://www.facebook.com/kyotoikiJapan/
http://kyomachiya-iki.com/

円山応挙ゆかりの金剛寺で新たな「波濤図」複製を一般公開

江戸時代の絵師・円山応挙は、少年期を過ごした金剛寺に感謝し、波濤図や中国の仙人を描いた「群仙図」(いずれも重要文化財)などを寄進、現在「波濤図」は東京国立博物館に寄託されています。
この「波濤図」のうち4面の複製の寄贈を新たに受けて、既存の複製8面と合わせて一般公開されます。

(日程)2018年11/3(土・祝)午前9時~午後4時
(場所)金剛寺(京都府亀岡市曽我部町穴太宮垣内43)
(料金)無料。
(お問い合わせ)0771-22-2871
http://www.kongouji.net/

大河決定で盛り上がれ!「長岡京ガラシャ祭」

誘致の甲斐あって、2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公が細川ガラシャの父・明智光秀に決定し、より盛り上がりが期待できそうです。
時代衣装に身を包んだ「細川ガラシャ」の輿入れを再現する行列や、協賛団体や企業による町衆祝い行列など総勢約1,000人が長岡第六小学校から勝竜寺城公園までの約3kmを練り歩き、また巡行までの約一週間『ガラシャウィーク』期間中は、長岡京市内中で様々なイベントを開催します。
ます。

(日程)行列巡行・楽市楽座:2018年11月11日(日)10:00~16:00、ガラシャウイーク:11月3日(土・祝)~11日(日)
(場所)メイン会場:長岡京市立中央公民館市民ひろば・勝竜寺城公園
(料金)催しにより異なります
(お問い合わせ)07-959-1299
http://nagaokakyo-garasha.jp/

6度目の開催。「木津川アート」

京都府の南端にある木津川市で、2010年から開催されてきた地域アートイベントで、この地域の公園や公民館、小学校の講堂、神社、倉庫、民家などを舞台に、30組のアーティストが展示やパフォーマンスを展開します。
会場の「瓶原地域」へはJR加茂駅からシャトルバス(無料)やコミュニティバス(有料・平日のみ)が発着しており、自動車での来場の際は、国道163号線沿いの専用駐車場(無料)が利用できます。

(日程)2018年11月3日(祝・土)~18日(日)10:00~16:00 ※会期中無休 
(場所)恭仁宮大極殿跡、恭仁宮跡(山城国分寺跡)、恭仁小学校講堂、恭仁神社など20カ所(京都府木津川市加茂町瓶原地域)
(料金)入場無料
(お問い合わせ)0774-73-8191(木津川アートプロジェクト事務局)
http://www.kizugawa-art.com/

混雑度の予測サイト「嵐山快適観光ナビ」

訪日外国人観光客の急増に伴う地域への影響を抑えるための国の実証実験として、紅葉シーズンの嵐山地域の混雑度の予測結果をウェブサイトで表し、訪問の時間や場所の分散化に重点的に取り組みます。
利用者は混雑度を踏まえて、人気名所を比較的空いた時間帯に観光でき、人気名所が混んでいる時間帯は、「ご朱印巡り」「フォトジェニックな嵐山の旅」など8テーマで周辺の観光地を巡るコースを案内してもらえます。

(日程)2018年11月10日(土)~12月17日(月)
(場所)嵐山地域
(お問い合わせ)075-746-2255
https://arashiyama.fun
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [次のページ]

一言コラム

miyako 生活スタイルの変化や相続、様々な事情で減りつつある京町家。 その建築物を外からの照明で煌々と照らすのではなく、地域住民...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。