京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京の最新ニュース

「京都市美術館所蔵品展 描かれた“きもの美人”」 NEW!!

振り袖の町娘を描いた上村松園の「春光」など、再整備のため一部閉館している京都市美術館が所蔵する京都画壇の作品が展示されています。
明治から昭和にかけて、生活が近代化していく和装の女性達を描いた絵画のほか、皆川月華らによる友禅の着物作品3点も並びます。
 

(日程)2018年1月2日(火) ~21日(日)
(場所)美術館「えき」KYOTO
(料金)一般:900円
(お問い合わせ)075-352-1111
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」 NEW!!

 ゴッホの作品と生涯には、日本が大きな影響を与えており、またゴッホの作品も、日本の芸術家や知識人に深く愛されました。
ゴッホが1869年にオランダから移住した当時のパリはジャポニスムの最盛期で、彼の作品のなかには、浮世絵を模写した油彩画や、浮世絵の構図を拝借した作品が見られます。
 

(日程)2018年1月20日(土)~3月4日(日)
(場所)京都国立近代美術館
(料金)一般:1500円
(お問い合わせ)075-761-4111
http://gogh-japan.jp

文化庁メディア芸術祭京都展 「Ghost」 NEW!!

 アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供します。
人間の想像力が生み出したもののひとつ“Ghost(ゴースト)”をテーマに、文化庁メディア芸術祭の受賞作品の展示、パフォーマンス、解説ツアーなど充実のプログラムを展開します。
 

(日程)2018年1月14日(日)〜2月4日(日)10:00~19:00
※火曜は13:00~19:00、※ノースホール(~ 1/25)、プロムナード、共通ロビー、ミュージッ クサロン(~ 1/21)、
(場所)ロームシアター京都
(料金)無料
(お問い合わせ)075-771-6051
http://mediaarts-kyoto.com/
 

「100万星のパノラマスターナイト」 NEW!!

普段は結婚式場である会場内に設置されたプラネタリウム装置が館内を100万個以上の星で埋め尽くし、チャペルや敷地内の庭園には、大小約1000本の色鮮やかなキャンドルが一斉に灯ります。
また、プロの聖歌隊によるゴスペルのミニコンサートも行われるます。

 
(日程)2018年1月20日(土)18:00〜21:00(最終入場/20:30)※雨天決行、荒天中止
(場所)北山モノリス(京都市左京区山端川岸町14-1)
(料金)入場無料
(お問い合わせ)075-706-5551
http://produce.novarese.jp/kitayama-monolith/event/starnight/
 

「光のページェントとコカ・コーラ工場見学・精華町自由散歩の旅」

 お茶の京都エリアの見所を凝縮したバスプランに、クリスマス企画が新たに加わりました。
「光のページェントTWINKLE JOYO 2017」で約75万球のイルミネーションや屋台を満喫し、コカ・コーラボトラーズジャパンの京都工場を見学、割引クーポンを利用してスイーツのまち精華町を散歩します。

(日程) 2017年12月23日(土)・24日(日)
(場所) 城陽市総合運動公園ほか
(料金)2,980円
問い合わせ)0774-25-3239、dmo@ochanokyoto.jp
http://ochanokyoto.jp/tour/bus/

関西初上陸『紙博 in 京都』

 包装紙やペーパークラフト、和紙、おりがみ、ノート、紙袋など、あらゆる紙もの、また活版印刷の会社や文房具メーカー、イラストレーターなど、世界中から紙にまつわる作り手が集結。
ノート作りなどワークショップも開催される予定です。

(日程) 2017年12月23日(土)11:00〜17:00・24日(日)10:00〜16:00
(場所) 京都市勧業館 みやこめっせ
(料金)入場料:500円
(問い合わせ)042-444-5367(手紙社)
http://kamihaku.jp/201712/

上賀茂神社がブライダル指輪を発売

 賀茂別雷神社(上賀茂神社)が、当社のご神紋「二葉葵」がリングに刻まれたブライダルジュエリーを、ジュエリーブランドと共同企画。
メンズとレディースを重ねると御神紋が浮かび上がる「Auhi(あうひ)」と、リングの内側に御神紋が刻まれた「IKAZUCHI(いかずち)」の2種類です。

(日程) 2017年12月23日(土)~
(場所) 全国の取扱い店舗
(料金)10万3千円~
(問い合わせ)0120-16-8481
http://afflux.jp/news/kamigamojinjya_ring/

日用道具の素朴な美の世界「民藝の日本」展

 思想家・柳宗悦らが大正末期に、地域の風土に根差した手仕事の品や日用の道具に美を見い出し「民芸」を提唱、1936年に東京に日本民藝館を創設した80周年を記念した企画です。
柳たちが全国を旅して集めた民芸品や民具を、東日本、中日本、西日本に分けて約170点を紹介します。
 
(日程) 2017年12月14日(木) ~ 25日(月)
(場所) 京都高島屋グランドホール
(料金)一般:800円
(問い合わせ)075-221-8811
https://www.takashimaya.co.jp/kyoto/event/#os10943

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

 ファン・ゴッホ美術館との共同企画として、世界中の名美術館が所蔵するファン・ゴッホの油彩画やデッサンに加え、浮世絵やオーヴェール巡礼に関する資料を通して、互いの夢の交差を図ります。
先着順の関連イベントも多数予定されているので、要チェックです。

(日程) 2018年1月20日(土) ~3月4日(日)
(場所) 京都国立近代美術館
(料金)一般1:500円
(問い合わせ)075-761-4111 
http://gogh-japan.jp/

「明治150年 京都の奇跡プロジェクト」開幕シンポジウム

 2018年に明治改元から150年を迎え、年間を通して様々な催しが展開されます。
開幕イベントとして、落語家・笑福亭晃瓶さんが明治にちなんだ落語を披露し、国際日本文化研究センターの磯田道史准教授や女優の羽田美智子さんが参加した討論が公開されます。

(日程)締め切り:2017年12/15(金)、シンポジウム:1月7日(日)午後3~5時。
(場所)ロームシアター京都
(料金)無料。※定員700名(応募者多数の場合は抽選。要事前申し込み)
(問い合わせ)075-661-3755
https://meiji150.kyoto/
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [次のページ]

一言コラム

heron 年末年始からの連休はいかがでしたでしょうか。休暇中、日常と離れたお気に入りの場所に、自分の別荘を持っていたら楽しいだろう...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。